介護士は月14~15万円の最低賃金で残酷で最低な職業なのか解説!!

介護士の月14~15万円の給料はやはり残酷?最低賃金とか地域でも違うけれどもう少し高くならないか知りたいです。

その悩みについてお答えします。

ということで、ケアップです。

いつもブログなどの視聴いただき誠にありがとうございます。

しかしあれですよね、介護業界に溢れる不平不満の数々、それはもうダムから決壊した放水の如く留まることなく溢れてだしてしまっております。

こちらのツイートを元にしましてさらに詳しく解説していきたいと思います。

まず介護の仕事が社会的にいくら必要だと言われつつも生活できないぐらいの収入では、将来不安定すぎますよね。

ちなみに僕が初めて介護業界で、老人保健施設でのデイケアで働き始めたときの手取りはたしか12万何千円とかいう世界でした。

そこの老健で出会った彼女と結婚してからは「さすがにこれはマズいぞ・・」と様々な副業を試してみたりしました。

ここでその色んな副業について語ると今回のテーマである「介護士は月14~15万円の最低賃金で残酷で最低な職業なのか」という話において、そもそも脱線してしまう恐れが90パーセント・・。

いやもっといきそうなので、割愛させてもらうとしても、僕は積極的に「今よりさらに収入を上げるためにはどうすべきか」ということを模索しておりました。

その結果が、訪問介護事業所でのサービス提供責任者という業務でした。

ちょうどその頃、住宅型有料老人ホームがしきりに他業種からの参入で、働き口がたくさんあったのですね。

しかも老健で働いているよりも給料もよかったです。

要するに転職して収入がアップしながらもスキルアップもなおかつできるというグリコのキャラメルではないですが、ひとつぶで二度おいしいというやつですね。

僕なんか東北地方のかなり最低賃金が安い地方ですからあれですけれども、少しだけでも収入を上げたいということでしたら、少しだけ都会で働くという選択肢もあるにはあります。

例えば東北地方などでしたら、仙台などでしたら月14~15万円の最低賃金以上の給料がもらえること意外と当たり前だという事実。

ですが、自分の住んでいる土地から離れたくない、離れられない事情もあるかと思いますので、わざわざ収入を少しだけ上げるためだけにおいて、住んでいる土地を変えるということもあまり僕なら乗り気ではないです。

なんせ家庭がありますもので。

単身赴任までして年収を上げたいとも、特段思わないヘタレ介護士が僕です。

だいたいにおいて、介護業界の給料が悪いとかオワコンとか言っている方に限って、まったく自分自身のスキルすら高めようとすらしない方が実に多いのが介護現場に多いなぁと個人的にそう思うのですが、いかがなものでしょうか。

介護士は月14~15万円の最低賃金で残酷で最低な職業とバカにさらながらも、それは国が悪いとか社会を徹底批判すべきだとかいう介護士たち。

いやいやちょっと待ってくださいよ、と。

その前に、彼らは果たして月14~15万円の賃金以上の働きをしたというのでしょうか?

夜勤中にスマホばっかいじって、利用者のじょくそうがかなりヒドくなっている実情を知っておりますか?

よく派遣社員とかにたまに異常な輩がおられるのですが「今日ちょっと風邪っぽいので休みます」とか平気で言うやつですね。

あの介護派遣の輩のおかげで現場がどれだけ大変だったかということですよね。

あんまり頭にきたので当時その派遣社員について調べたら、ちょうどその頃、長期休暇をとり東京ディズニーランドなどで遊んでいたという事実を知ってからは現場では一致団結で二度とあの派遣社員に夜勤勤務はしてほしくないとストライキまで発展したことはいうまでもないです。

いや僕としてもその頃はまだその会社で、働きはじめたばかりの頃でしたので、たいした発言権すらなかったのですけれども、じっとしておりましたけれども。

それでもそんな残酷な最低賃金とかいう前に、介護とか抜きにして、自分の仕事をそんな意味不明にいきなり休む介護派遣できている輩にあーだこーだ言われる筋合いもないわけで、本当にあのときは頭にきましたね。

最低なのは介護士の賃金ではなく、そのサボり間であるその「介護派遣君」その人自身が最低であって、職業うんぬんの話ではないのですよ。

結局はその人が、どれほどまでに介護における情熱があるのかないのか。

そしてやる気のない介護士がいくら数集まったとしても、まったく介護業界をそのものを変えることは絶対に無理ですよね。

それは当たり前の話です。

ちなみに僕は決して焦ってはおりませんでした。

介護士といえどもやりようによっては、いかようにも自分自身の価値が上がります。

月14~15万円の最低賃金で残酷で最低な職業が介護士といっている人々こそが、自分たちでさらに自分たちに価値を下げていることに気付くべきなのです。

というか、自分自身の価値を上げていく努力をしている人達にとって、そういった全く「介護の仕事」に関してやる気もないのに、人手不足という事で大変な時期なのにもかかわらずに、揚げ足をとるかのようにしてそのあたりを突っつき自ら介護士の価値を下げるようなことだけは本気で辞めていただきたいと思います。

本気でそういうのマジで辞めてくださいということを声を大にして言いたいです。

なぜなら介護現場では真面目に働いている方々が大勢おられるのですからなのです。

不安を煽るかのようににして、嘲笑うかのようにして仕事を直前でサボる派遣社員とか本気で現場に迷惑かけていることを知ってほしいなと思います。

いや分からない人には何を言ったところで理解できないかもしれません。無理かもしれませんね。

結局のところ、よい職場環境は良いです。当たり前の話ですが。

そしてダメなところはどこまでもダメだということです。

ダメという気持ちがダメさをうむ負のスパイラル現象をつくるのは自分自身だということです。

介護士は月14~15万円の最低賃金で残酷で、しかも最低な職業では絶対にそんなことはありません。

と、このようなツイートをした経緯といいますのも、僕自身は今はケアマネジャーという仕事に従事しているわけでありますが、先日にに独居老人の利用者さんの通院介助をしていたんですね。

その理由というのも、訪問介護のヘルパー不足で対応困難とのことでした。

それで数日間気付いたことがあるのですが、まず病院でのエレベーターでの看護師のマナーの悪さ。患者さんいるのに制服着てスマホとかありえないなぁと思いました。

それとあとタクシーですよね。接客対応が雑「その車椅子も乗せるの?」「病院のです」「あ、そう」運転も雑だし、本当に疲れ果てましたね。

お客様をお客様と思わないようなところは、いずれ仕事という概念からも淘汰されてゆくのではないでしょうか。

というわけで、僕もここまで解説してきましたが、本当にもしも今あながた今の職場環境に満足が行っていない、もしくはもう心まで今にも折れてしまいそうだという場合には、転職支援サービスなど利用してみることも一つの案です。

介護士は月14~15万円の最低賃金で残酷で最低というニュースや新聞などご覧になり、あなたは本当に今のご自身が不安になっているかと思われます。

それでも安心してください、介護の仕事は人でなければできない仕事だからです。

なにもAI化やIT化で介護の仕事が、仮に減るかもしれせんが、そういったコンピューターに強い介護士は今後ますます優遇される可能性もあります。

介護士が最低賃金で残酷とか言う前に、もしかするとその最低な職業にしているのは、実のところあなた自身なのかもしれませんよ。

なぜなら例え月14~15万円の給料でも幸せに暮らしている方も大勢おられるからなのです。

介護というある意味、ビジネス畑から来た方には特殊めいた世界に映るかもしれない介護業界。

ある意味、介護ってお金だけじゃないんですよ、ホントに。

介護でお金を稼ぎたいという方は、残酷な言い方ですが「その考え方そのものが最低で残酷な思考の持ち主」という思考の持ち主ととらえてしまいますね、あくまでも僕の個人的な価値観ですが。

あなたがどうしても介護が残酷で最低な職業だというのであれば、今すぐにでも介護の仕事を辞めてください。

辞めるという意味は、仮にパートタイマー、アルバイト。そして派遣社員でも同じです。

一切の「介護」という言葉を今から発しないでください。

ツイッターでつぶやくのもやめてくださいね。

そして、マグロ漁船に乗ってください。2~3年ぐらい。

大間のマグロなど大物を釣れば1千万、1億と稼げる可能性がかなりの確率で、大金を稼げるかもしれません。

ですが、そうした「介護」=「金稼ぎ」という意味でとらえていない方も大勢いることも事実なのです。

もしもあなたが少しでも介護という仕事が最低賃金で残酷だという思いなのであれば、実はそこまでヒドくはないということも知っておくべきですよ。

なぜなら、僕自身が「転職支援サービス」などを利用して、実際に転職活動を成功させたからなのです。




SPONSORED LINK

介護士は最低賃金で残酷で最低な職業では決してないです

結局のところは、同じ介護士といえども「志がほんの1ミリ」だけでも違うだけで、その後において歴然とした差がうまれてくるということなのかもしれません。

僕の気持ちとしては「介護の世界」がさらに今後もっとよくなってほしいという願いがあります。希望があります。

ですので、介護とかホントは嫌いなんだけれど他に仕事もないかた仕方なくやっているだけ、という方は利用者さんにも迷惑かけているケースが実際に多いんですよね。

クレームを受けるのは正社員であり管理者であり、そういった適当な仕事をしている派遣社員などで施設全体がダメの烙印を押されてしまうのはあんまりだと本気でそう思います。

意外と若いときに考える思考は、他のクラスメイトにだって伝染してしまうことだって、むしろあったりしませんでしたしょうか?

残酷な思考というのは、どんどん残酷になり最低なネガティブな思考回路となりうるということも覚えておいたほうがいいかもしれません。

ともすれば人生においてすべていいことばかりという事象でもないことも確かにそれも真理ではあります。

しかしながら、あなたが仮に今の介護士としても最低賃金において決して満足していないというのであれば、それは積極的に行動に移すべき時期なのです。

それはもう間違いない事実です。

ネガティブな思考を今すぐにでも少しずつでもいいので改善しつつ、あなたのプラスになるエネルギーとなるための行動を今こそ起こる時期に差し掛かっている時期なのかもしれません。

そしてそのネガティブ思考からポジティブ思考へのシフトチェンジは、科学的な根拠からしても、あなたの成功マインドに少しずつでも近づくための道しるべともなるということも念頭にいれていただきたく想います。

そして大いなる健康。

それらが、あなたの人生そのものにおいての成功マインドにより近づくための思考チェンジともなるのです。

もしもあなたが今、ご自身の人生において少なかれず不満があるのであれば、今すぐにでもあなたの人生において起こってほしいプラスになるべきことを模索するべきです。

そりゃ例え始めは月14~15万円の最低賃金かもしれません。

それでもそれは自分自身が始めから分かっていたことではないでしょうか?

例え月14~15万円で納得できないのであれば、それ以上に稼ぐために動き出す事がなにより必要となります。

世界は残酷で、誰も助けてはくれない世の中ではありますが、だからこそ自分自身で何かしらのアクション(行動)を起こさなければ何ひとつ現実が変わるはずもないのです。

今からそのあなたの現実を、さらによりよい現実に変えてみませんか?

介護士といっても月14~15万円の最低賃金で残酷で最低な賃金をもっているのはあまりにも理不尽すぎます。

ぜひ、あなたの今お持ちのスキルを思う存分いかせて、かつ適正職場について給料アップさせることはぜったい的にいっても、かなり可能性が十分あります。

ぜひ、このような介護求人に特化した「介護転職支援サービス」を有効的に活用してみてください。

介護JJ(ジャストジョブ)

介護JJ(ジャストジョブ)は転職で最大20万円の転職支援金と丁寧な転職サポート転職サイトです。

医療介護業界で10年以上人材紹介を行ってきた実績があり、求職者様のためにならない転職はお勧めしていません。

中小企業ならではの求職者様に寄り添った丁寧な転職サポートを行っています。

カイゴジョブ

カイゴジョブの特長としては全国対応で月間利用者が55万人以上の介護従事者さんが利用する国内最大級の求人サイトとという点が魅力的です。

都会はもちろん地方在住の方でも職種・地域・働き方などから簡単検索で応募可能です。

全国40,000件以上の介護求人を掲載しているからこそ、自宅の近くで働ける求人が見つかります。

ジョブメドレー

ジョブメドレーは、都心だけでなく、地方にも強い求人数が多いのが特徴です。

業界最大規模だからこそ、様々な特徴や、ご希望の年収・時給・月給などでぴったりな求人を探すことができます。

さらに、転職成功で「お祝い金」がもらえる医療介護業界に特化した転職求人サイトです。

もしも今あなたが人生においての自傷行為から抜け出して、そのような残酷な世界で生きていくことがイヤなのであれば、今すぐ行動するべきです。

ということで今回は以上になります。