きらケア派遣登録なら夜勤専従がおすすめ?正社員で育休は可能?

悩む女性
悩む女性

きらケア派遣に興味あるけれど稼ぐなら夜勤専従がおすすめなのか、それとも正社員で働くのか育休もとれるしおすすめのなのか知りたいです。

その悩みについてお答えします。

きらケア派遣は介護の資格がない人でも介護資格を取りながら無資格でも好条件で介護職として働ける仕事先を見つけることができるきわめて優良な介護に特化して求人サイトとなっております。

もちろん夜勤専従でがっつり夜勤手当を目いっぱいもらいながら働くのもおすすめです。

育休がとれないブラック会社が多いさなかきらケア派遣であればそんな心配はご無用です。

正社員であれ派遣であっても育休は取ることはできます。

ケアップ
ケアップ

今回はきらケア派遣に実際に登録した方々の生の声をここでお届けしたいと思います。。

ではさっそく参りましょう。




SPONSORED LINK

きらケア派遣に登録してみた感想と正社員と派遣の違いについて

悩む男性
悩む男性

社内でいじめ、セクハラ、パワハラが横行しています。

正社員と非正規、男女が一緒に働く中、常に人間関係のトラブルが絶えない職場です。

男性は「年上の言うことに年下は何でも従え」「男より女のほうが能力が低いのでセクハラしてもいい」という古い考えの人間が多く、上司自身がそのようなタイプなので改善が望めません。

女性は仕事に対する意識が低い人が多く、業務を円滑にこなすことよりも自分の序列や立場を安定させることに躍起になっており、新人や気にいらない同性に対して陰口、嫌がらせなどの幼稚ないじめを年中やっています。

何年もそのような状態でなんとか仕事を続けている状態ですが、上の人間が変わる気がないので改善が望めずに悩んでいます。

人間関係のありとあらゆるトラブルを抱えていますが、一番多いのが女性同士のいじめです。

いじめのターゲットは新入社員、若くて綺麗な人、仕事が特別できる人とできない人、気の弱い大人しい人、空気を読むのが苦手な人など、やり返さない人なら誰でもターゲットになる状態です。

いじめの内容は悪口、陰口、噂を流す、仲間外れにするなどの学生時代のようないじめに加えて、仕事を教えない。

仕事の邪魔をする、ミスを押し付けるなどの業務上実害のあるようなものまでさまざまです。

加害者はボス的な女性社員とその取り巻きで、自分たちの序列を維持するためにいじめをやっている猿山のような感じです。

新人が入社しても居心地の悪さから辞めてしまうことも多く、自分自身も転職を考えています。

そんなときにきらケア正社員紹介で介護職として働くことに決心することができました。

今まで介護の仕事なんてどうかと思っていましたが、きらケア派遣を通じて正社員であっても派遣社員であっても

毎日笑顔で高齢者の方々と接しつつ働くことで人生のよりよいケアとはなんなのかという初心に戻った働き方ができていることになによりの充実感が今はあります。

今では本当に感謝しています。

きらケア派遣で夜勤専従として働くこともおすすめです

体験者の声
体験者の声

私は職場で少し浮いた存在になってしまっています。理由は明白で、私は昔から人と関わる際、壁を作ってしまいます。

なぜ壁を作るかというと、深く関わらない方が無難で過ごしやすからです。

しかし、そうしたことを続けてしまったせいで、孤立してし職場の中で孤立してしまいました。

飲み会や、ご飯に誘われていくものの楽しそうに振舞うことができず、どこか冷めたような印象を与えてしまいます。

自分としてはもっと輪の中に入ったりしたいのに、自分の築き上げてしまったキャラのせいでなかなかうまくいきません。

自分は特に人見知りというわけではありませんが、大勢でいる時の盛り上がり方や、上司に気に入られるような振る舞いがとても苦手です。

よくいる何をしても許される、可愛がられるキャラの正反対の位置に自分はいると思います。

せっかく誘ってくれているのに自分から閉ざしてしまっていて、申し訳ないとも思います。どうすれば自然と馴染めるのかいつも頭を抱えています。

職場の中でとても苦手な上司がいます。その上司は30代の女性で、自分はよく注意を受けます。

もちろん注意は他の上司からも受けるし、特段その注意が理不尽というわけではありません。何が苦手かというと、とにかく言い方が嫌味っぽいのです。

例えば、重要な案件の段取りを念のためその上司に確認を取ると、「それで合ってるよ。前も言ったんだけどね。」と余計な一言添えてきます。

しかもそれが自分だけに向けられています。

周りの人と会話をしているのを聞いていても、そんな嫌味な感じでしゃべっているのは聞いたことがありません。

自分が何をしたのかは全く記憶にありませんが、もし気になることがあればはっきりと言って欲しいです。

このままその上司とギスギスした関係でいくのは仕事もやりにくいし、純粋に嫌だなと思います。

職場内では相談できるほど仲の良い人もいないので、このまま関係が悪化していきそうで不安です。

それからきらケア派遣で夜勤専従として働くことで人間関係のあれやこれやのわずらわしいことからも回避できるようになりました。

職場の人間関係に悩んでいるならきらケア派遣登録がおすすめです

体験者の声
体験者の声

高卒で医療事務の仕事をし始めたのですが、上司があまりにも私にだけ態度が悪いです。

特に個人医院なので、看護師と先生の奥さんからの、いじめがひどいです。

何にするにも見下されていて、聞こえるように悪口を言われたりなどは日常茶飯事で、自分の仕事も私に押し付けられて、私がすることは、たくさんありすぎて時間が足りません。

休憩中や、会議の時も何かあると私の事を言い、私がおりずらい雰囲気を、かもし出されます。
みんなが見えないところで涙する日々です。その中にも同じ医療事務の人は優しい言葉をかけてくれます。

でもやっぱり看護師がいる前では、私には厳しくしろと言われているのか、ちょっと態度が変わるのがわかります。

私は、いじりやすいというか、なんでもはいはいといって、口答えなど絶対しないようなタイプなのでこんなにいじめられているのかな?と毎日思いますが、変えられません。

患者さんからもらったお菓子をみんなで分けるのですが、私だけもらえなかったり、コーヒーが飲めないのですが、コーヒーは大人の常識で飲まなくてはいけないのよ、

と言われて無理やりのまされたり、新人は人一倍動かなあかんから、早く職場に来て掃除でもしときな。

といわれたり、一個仕事を忘れてしまっていたら、わたしだけ反省文を書き、その文がよくわからなかったら、また一から書き直してきな!

と言われわたしの休憩時間はそれで無くなってしまったり、私が着てくる服に対してそんな格好で来ないでと言われたりしました。

いつもはい。と返事をすると

「それは意味がわかって返事しているの?それじゃあ全部説明して?」と言われて

「説明すると、そういう意味ではないです、意味がわからないなら返事しないでください」

と言われます。

お掃除しても、髪の毛一本のこってると、本当に掃除した?ちゃんと掃除してと怒られます。

今はその職場はやめてきらケア派遣で仕事をみつけることができました。

きらケア派遣登録から正社員として働くことも可能でおすすめ

モナカン
モナカン

工場のパートさんとの人間関係に悩んでいました。私はとある食品製造工場で事務として働いていました。

悩んでいるのは事務の人間と工場の中でパートとして働いている方との人間関係です。

工場の作業はどうしても単純な作業が多く、結果として賃金も安くなってしまいます、

そして私は特に話した覚えもないのですが、事務作業での給料はパート作業の方の給料よりそれなりに高いのをパートの方々は知っており、それがパートの方々の不満になっているようです。

仕事の関係上どうしても工場の方々と話をする機会があるのですが、

「○○さんを呼んでください」などとお願いをしても誰も応えようとしてくれない、挨拶をしても返事をしてくれない、など地味な嫌がらせを受けて少し困っています。

そこそこいいお値段のする料亭で働いていたことがあります。

そこはまさに女社会、という感じの職場で、現場を仕切っているのは店長ではなく昔から働いているいいお年の独身女性(有り体に言ってしまえばお局様ですね)

そして職員の女性は大学生のバイトも含めてお局様派と店長派に真っ二つに割れていました。

私はそれを知らなかった初日に店長と仲良くしてしまったのがお局さまの癇に障ったのか、酷く嫌われてしまいました。

店長が出勤している日はまだよかったのですが、店長がいない日にはとてもつまらないことで難癖をつけられて毎日のように嫌味を言われていた記憶があります。

一番意味不明だと思ったのは「お前の故郷のなまりが抜けていないのが気に食わない」との言葉でした。

私が田舎から出てきて働いていたのがなにかお局様的には気に食わなかったのでしょうか…。

それでも今ではきらケア派遣で夜勤専従として働くことで工場勤務時代よりもお金を稼ぐことができています。

保育士や幼稚園の教諭からきらケア派遣で介護士になる人も多いって本当?

悩むおばさん
悩むおばさん

若かりし頃、私は幼稚園の教諭として働いていました。結婚・出産を経て、子供が成長した後に、元勤務してた幼稚園から「またうちで仕事しない?」と誘われました。

担任を持つと非常に大変なのはわかっていたので、そうなると家事に支障をきたす可能で胃があります。

「若手のサポートでいいから」と担任を持たないことを条件に承諾。25年ぶりぐらいに幼稚園に復帰です。

その幼稚園には私のように一旦離れてから戻ってきた年配の女性が3人いました。

私と同じような世代で、当時の苦労をしている者同士です。

私達からすると、今の若い先生達の無責任さに少々驚かされます。

どんなことがあっても年度の途中で退職するなど昔は考えられませんでしたが、今の先生たちは結構平気にそうしてしまうのです。

「サポートをする年配vs今時の先生」という構図が出来上がってしまっていました。
お互いがお互いの悪口を影でこそこそ言い合っているのです。

このいがみ合いは、どちらにも責任があります。

確かに年度の途中で「妊娠したので辞めたいです」というのはあまりにも無計画すぎます。

自分の担任が途中で変わったら園児たちが困惑してしまいますので、極力避けねばならないことです。

また、若い先生の立場からしたら「昔のことを持ち出して私たちに文句言わないでください」と思うのももっともです。

お互いの気持ちがわかるので、その板挟みになったような状態で私は身動きが取れずにいました。

ある日、若い先生が昼休みに職員室で大泣き。

声をかけると「あのクソババア!」と理性がぶっ飛んでいました。

サポートの一人と教室内でもめて、日頃の鬱憤が一気に噴出したようです。

普段おとなしい子だったので、園長先生も私もびっくり。

机の上に置いてあった教材を床に叩きつけました。

私は慌てて冷蔵庫からプリンを取り出して、彼女に食べさせました。

なぜそんなことをしたのかわかりませんが、その時は私もパニックになって「甘いものを」と思ってしまったのかもしれません。

その後、仲直りして今も勤務していますが、その日以来彼女は「プリンちゃん」と呼ばれるようになってしまいまいました。