【おすすめ】葉酸サプリどれが1番おすすめ?飲まない方がいい?

ヨメップ
ヨメップ

元々貧血気味でよく血液検査で血が薄いと言われていたので、妊娠中は鉄分を意識してとっていました。

ホウレンソウのおひたしや炒め物、卵とじなど。レバーもよく食べていました。

【BELTA】厚生労働省推奨の葉酸サプリも飲んでいました。

他には、つわりで食欲がない時もあったのでとにかくそんな時は何も食べないじゃなく、食べられるものを食べていました。

なので偏った食事の時期もありましたが、つわりが落ち着いてきてから食事は気を付けたりしました。

野菜や海藻、キノコ、納豆など意識して食べていました。

後はあまりストレスをためないよう気ままな食生活で検診の時には体重で注意されてしまうこともありましたが、食べたら歩いて散歩をしていました。

気分転換にもなってよかったです。

食事は3食きちんと食べて2人分食べなさいと祖母は言ってくれたけどそれは食べ過ぎだと思ったのできちんと一人分食べてました。

二人分食べていたら出産後も体重は恐ろしいことになっていたんじゃないかと思います。




SPONSORED LINK

妊娠中は鉄分と一緒に葉酸のサプリメントを飲んでいました

ヨメップ
ヨメップ

葉酸と言うのは妊娠するまでは全く聞いたこともなく、でも話を聞くと妊娠中にはとっても大切な栄養素だと知りました。

しかも、あまり食事からはとりずらいと言うこと、妊娠初期にできるだけ取ったほうがいいという事を知り、すぐサプリを購入しに行きました。

飲んでいても、苦ではなかったです。

【BELTA】厚生労働省推奨の葉酸サプリがネットでも評判がよかったので購入してみましたが、とても飲みやすい。

ただ飲んでいても効果は特に何も感じませんでした。

体の中で赤ちゃんに何らかのいい効果が出ていたのかな?くらいな感覚です。

こういうのは気休めな気もしないではないですが、飲んで気が休まり心が落ち着いて安定するならそれは赤ちゃんにもお母さんにもとてもいいことなのでサプリを飲むことに私は抵抗はありません。

もちろん、体に害がないのが前提での話ですが。

なので、鉄分、葉酸サプリを飲んで無事元気な赤ちゃんを出産できましたので良かったと思っています。

ケアップ
ケアップ

効果があるかないかよくわからないといいつつ、3人目生まれるまで【BELTA】厚生労働省推奨の葉酸サプリを愛用していたじゃないか。

ヨメップ
ヨメップ

まあね、おかげで先日の給付金も5人分もらえたよね。

ケアップ
ケアップ

そのお金で新しい最新型のパソコンが欲しいんだけれど、どうかな?

ヨメップ
ヨメップ

このお金はコロナが落ち着いてきたらみんなでディズニーランド豪遊旅行などでパーと経済活動のために使うからダメぇーー。

ケアップ
ケアップ

ぴえん。というわけで気をとりなおして、今回は葉酸サプリに関する情報をお届けしますね。

葉酸サプリメントのおすすめといっても合う合わないが人それぞれあるかも

体験者の声
体験者の声

内は長女を妊娠時食べづわりがひどく、決まったものしか食べることができませんでした。

肉や魚、たんぱく質のの焼けるにおいもダメで、5カ月過ぎるまでは、チョコレートなどの甘いものとソース味の焼きそばかジャンクフードしか食べていませんでした。

しかもおなかがすく、食べ過ぎると気持ち悪いので食べ過ぎないように少しずつずっと食べていました。

そのため、5カ月過ぎるころには4キロ以上増えてしまっていたので、つわりが収まってからは体重があまり増えないよう野菜を中心に摂っていました。

もともと野菜が好きなので苦にはなりませんでしたが、果物は摂りすぎないようにしたり、いろんな種類の食材を違う調理法で食べるなど栄養のバランスを一番気を付けていました。

ただ、仕事もしていたので調理にそんなに時間をかけられるわけでもなく、後期に入るとキッチンに長時間立つのもきついため手軽に作れる圧力鍋が重宝しました。

また、添加物や食品産地は妊娠してからすごく気になりましたので、国産でオーガニックのものを取り扱っているスーパーに通うようになりました。

妊娠が発覚してからすぐディアナチュラの葉酸サプリを飲み始めました。

子どもはずっとほしかったものの普段と変わらない生活をしていたので、自分がもう一人人間を作るとなると足りないものがたくさんある感覚があり、その最たるものが葉酸でした。

また、妊娠7ヶ月頃になるとめまいや立ち眩みが頻繁に起こるようになり、貧血の検査で異常はありませんでしたが、念のため自主的に鉄分のサプリを出産まで飲みました。

ちなみに母乳で育てているので、子どもの母体からもらった抗体や免疫力が切れる生後半年後からも鉄分を飲み始めました。

そのほかに栄養素的に足りないなと思うようなものもありましたが、極力食べ物から栄養素を摂取することを大切に思っていますので、できる限り食品からとるよう努めていました。

しかし、やはり調理時間や費用や心の余裕等調理に気を付けるのには限界がありますので、葉酸も鉄分も飲んでいてすごく心強かったです。

今は二人目が欲しいと考えているので、卒乳のタイミングでまた葉酸を飲み始めようと考えています。

葉酸サプリメントなどはいつとかでも飲まない方がいいという意見もありますが・・

体験者の声
体験者の声

葉酸は、ブロッコリー等緑黄色野菜に多く含まれていると聞いた事があったので、それも意識しました。

インスタント食品や、レトルト食品はなるべく食べない様にしていました。

また、鉄分や葉酸を十分とる様に医師に言われていたので、中華鍋で調理して少しでも鉄をとる様に工夫したりしていました。

また、カフェインはいけないと言われていますが、私はコーヒーが大好きで飲めないと超ストレスになってしまうので、たんぽぽコーヒーを妊娠中はネットで購入して飲んでいました。

後は、妊娠中でなくても気をつけている事ですが、外食でも栄養のバランスには気をつけて野菜が多いもの等を食べる様にしていました。

とは言え、妊娠中はだるかったり、食事も普段とは違うものを食べたくなったり、気分が悪い時もあるので、そんなにパーフェクトを目指さずできる範囲で気をつけていました。

私は、妊娠中によく歩いたのでよく食べて結果的に安産でした。

妊娠中は、検査をしても若干鉄不足と言われたぐらいで、私の栄養状態は良かった方ですが、

それでも、鉄と葉酸のサプリは飲んだ方がいい、と言われたので、インターネットで探したり、助産師さんおすすめのサプリを飲んだりしていました。

私は初産でしたが、私が通っていた病院や助産師さんを本当に信頼していたので、助産師さんのすすめる事は間違いないと思ったので、サプリを飲む事に何も抵抗はなかったです。

今になって、ママ友の話を聞くと「鉄不足で出産の時、出血が多量で大変だった」という話を聞く事もあったので、サプリは飲んでいて本当に良かったと思っています。

妊娠が分かった当初からサプリを飲んでいたおかげかどうか分かりませんが、検診で超音波や胎児の心音を医師に聞いてもらうと

「ものすごく大きい音がします。健康で元気な赤ちゃんですよ」

と言われて安心していました。

もし、知人で妊娠中の人がいたら、経験から葉酸サプリの使用はおすすめだと思います。

妊娠中の女性にとって葉酸サプリメントは強い味方だと個人的にはそう思います

体験者の声
体験者の声

私は妊娠初期から妊娠糖尿病と診断され、出産まで食事療法をしておりました。

糖質制限をしながらも、胎児に栄養をおくるため、適度に炭水化物を摂取しなくてはならず、栄養管理に苦労しました。

ご飯など炭水化物の量は減らしつつも、減らしすぎてしまうとケトンが出てしまいます。

食事の際はよく噛むことを心がけ、野菜など食物繊維をとることで血糖値の上昇を抑えました。

それでもやはり血糖値の上昇を抑えきれず、途中からはインスリンを自己注射しながら食事療法もするという、辛い妊娠生活でした。

とにかく野菜中心の生活だったので、つわりもある中で野菜を洗ったり調理するのが本当に大変でした。

妊娠糖尿病と診断されてから、恐らく自分の人生のうちで一番たくさん野菜を食べた7ヶ月でした。

そんな苦労の甲斐あって、生まれてきた子どもに初めて会えたときは本当に嬉しかったです。

今では辛かった妊娠生活も、思い出の一部となりました。

妊娠前から葉酸サプリを飲んでいました。

飲み始めたきっかけは妊娠を考える前、妊活中の友人から葉酸サプリを勧められました。

将来的に妊娠を望むなら、葉酸サプリを飲んでいた方がよいことなどを聞き、飲み始めました。

飲み始めて2ヶ月後に妊娠しました。

妊娠してからは生まれてくる子どもへの影響などが心配で心配で、何か気になることがあっては検索する毎日でした。

後々葉酸サプリを飲んでいて本当に良かったと思いました。

葉酸サプリによる効果は目に見えるものではないですが、今思えば精神安定剤のような感じで、飲んでいればなんとなく安心できたような気がします。

私の葉酸に関する知識は、インターネットで調べた程度のものですが、妊娠中の栄養を補うために十分貢献してくれたと思っています。

これから妊娠を望む人が周りにいたとしたら、私も葉酸サプリをおすすめすると思います。

葉酸サプリメントはいつ飲まないほうがいいのではなく飲んだほうがいいです

体験者の声
体験者の声

自分は男性なので、妻と一緒に気を付けていたことを書きます。

まずは食事面での気を付けていたことですが、妊娠が分かってからはいわゆるファーストフード店や外食は出来るだけ控え、家で栄養バランスを考えた食事にしていました。

具体的な例をあげると、白米は玄米を少しまぜ、栄養価の高いキャベツやトマトがメインのサラダ、あとネットで得た知識ですが、

冷え性の緩和に効果があるカボチャなども積極的に食べていました。その他肉や魚もバランスよく食べていました。

当たり前の事ですが、朝昼晩としっかり3食食べる事も意識していました。

自分の食事バランスで、お腹の中の子供の栄養が左右されるので、専門的な知識は無かったですが、出来るだけそういう食生活にしていました。

次に、食事面以外で気をつけていた事ですが、まだ妊娠が浅い3か月頃は軽く散歩などをし無理のない運動をしていました。

やはり少し体を動かすのと動かさないのでは、体調に変化があらわれるので、その辺は意識していました。

妻本人も少し散歩した方が体調がいいと言っていました。

その他にも重いものをもたない、体に負担のかかることは出来るだけしない、睡眠もしっかりとるなどを気を付けていました。

転倒したりすれば一大事になりかねないので、外にでるときは動きやすい運動靴を履くということもしていました。

自分は男性なので分かりませんが、つわりもひどかったらしく、そういう時は男性がサポートしてあげてください。

長々と書きましたが、自分達が気を付けた事をまとめると、

・食事 ・睡眠 ・軽い運動 ・体への負担 ・妻へのケア

と、いう感じです。

ご参考までになればと思います。

今はだいぶ認知度が高まった葉酸サプリですが、妻が妊娠した時は飲んでいませんでした。

妊娠当時(約4年前)は葉酸サプリの存在を知りませんでした。

それから後に葉酸サプリを知ったので、色々と評価や使った人の感想など見てみましたが、個人的にはいいものだと思います。

やはり人によっては、なかなか妊娠しないという人も多いと思います。

その中で葉酸サプリを使えば妊娠確立があがるらしいので、なかなか子供に恵まれない人にはすごくお助けアイテムなのではと思いました。

鉄分やビタミンなどの栄養素も入っているので、お手軽に栄養がとれるのもいいと思いました。

しかしながら、上記に葉酸サプリはいいものと思ったと書きましたが、個人的にひとつ気になることがあり、それは栄養の過剰摂取です。

ネットなどにも書かれていますが、栄養バランスを考えた食事をして、葉酸サプリを飲むと、栄養の過剰摂取になる可能性があるという事です。

個人的にはそこが少し気になりました。

しかし葉酸サプリがいいものと思っていることにかわりはありません。

個人的には飲まなくても飲んでもいいと思いますが、飲むことによって助けられている人がいる事実から葉酸サプリはあった方がいいものだと思いました。

葉酸サプリメントのおすすめはずばりインターネットで比較記事など参考がおすすめ

体験者の声
体験者の声

体を冷やさない様に野菜も温野菜にして食べていました。

しかし夏場につわりがあった為、食べれるものも少なく唯一食べれるものが冷たいパイナップルだったのでそればかりでした。

安定期に入ってからは落ち着いて色々と食べれる様にはなりましたが栄養と考えるとお肉ばかりが浮かんでしまい、ステーキを週に3日は食べていて野菜はステーキの時に食べる様にはしていましたが黄緑色野菜が多かったと思います。

栄養がありバランス良く食べたかったのですが妊娠前に比べると食べたい物が変わり、とにかく貧血が一番なりやすかったのでそれを補う食べ物を出産までには気にかけて食べていました。

しかしどうしてもバランス良くいかないときには野菜ジュースを自ら作っていつも飲める様に常備していた事もあります。

体重が増える事に恐怖があった後期は栄養面よりは体重に関して気にしてばかりだったので、量を減らすだけで後は食べたいものを食べていました。

葉酸サプリメントは妊娠前から気にはなっていて妊活にも良いとされてたので飲みたかったのですが、どのメーカーの葉酸サプリメントが良いのかが結局分からずに妊娠中も服用せずにいました。

葉酸サプリメントは赤ちゃんに必要な栄養に欠かせない事や、鉄分と一緒になっているものもあったりと私個人としては興味は大きかったです。

服用した際の妊娠期間が分からないので比べようはないですが、実際にどこまで効果があるか知りたかったのはあります。

しかし葉酸サプリメントを服用せずに妊娠中も問題なく過ごしていたので自己管理次第なのではと思いました。

栄養管理などに自信がない人であれば葉酸サプリメントを頼り気持ちの面でも楽になれるかもしれないので、そんな方にはおすすめだとは思います。

妊活中に服用も出来る様なので、これからどの葉酸サプリメントが良さそうなのか改めて口コミなどで調べ試してみたいと思います。