梅雨時の日(髪のごわつき、毛の爆発パサつき対応策、うねらない方法)

ケアップ
ケアップ

雨の日や梅雨時は特に髪がうねったりごわつき、まとまらずにほんとにめっちゃ困りますよね。

また梅雨時に限らずに、雨の日などはどうしても髪のごわつきや、うねりがひどくなりどうしようもない朝など迎えてただでさえ憂鬱な雨なのに、心までうんざりしてしまうことってあなたにもございませんか。

そこで、今回はそうした髪の毛のパサつきやうねりや爆発で悩まれている女性の方々とともに、一緒にみんなでその解決策を考えていこうという企画です。

ヘアワックスがいいのかそれともスプレー?いやいやトリーメントでしょ?毎日のブローの仕方ですか?ヘアオイルが使ったほうがいいのか?

シャンプーやドライヤーに問題あり?なんだかんだいてもナイトキャップが一番効果があり?などなど人によっていろんな意見があります。

そんなさまざまなユーザーの声から、梅雨時の雨の日の髪のごわつきなどの解決策をみんなでここで考えていきたいと思います。では早速参りましょう。




SPONSORED LINK

梅雨時に髪がはねたりうねったりして、まとまらず悩んでいました

体験者の声
体験者の声

天然パーマなので、なおさら梅雨時などの雨の日などは特にひどい状態でした。

そんなとき、テレビで湿気でまとまらない髪のトラブルの解決法を耳にして、「これだ!」と思い、早速実践してみました。

やり方は簡単です。

まずはヘアオイルを用意します。

テレビで紹介されていた情報では、アーモンドオイルがよいということでしたが、実践当時手元になかったため椿オイルで代用しました。次にヘアオイルを適量手に取ります。

ヘアオイルの量はショートで1~2滴、ミディアムで2~3滴、ロングで3~4滴と言われています。

そして、手に取ったのヘアオイルを髪の中間から毛先に向けてなじませます。

以上、これだけです。

これをお風呂上り、ドライヤーで乾かす前の濡れた髪に対して行っていました。

実践してすぐのころはヘアオイルの適量がわからず、ヘアオイルをつけすぎてしまい、髪がべたついてしまったり、ヘアオイルのなじませ具合がかたよってしまうといった失敗もありました。

しかし、ヘアオイルなしで乾かした状態よりも髪は広がらず、全体的にまとまった印象を受けました。

また、ヘアオイルをつけたことで髪が保湿されるため、乾かした後の指どおりが良く、ドライヤーの熱や摩擦による痛みやパサつきが減っていました。

枝毛の数も実践前より目に見えて減っていきました。

さらに、雨の日でも髪がまとまるので、髪をセットする時間が大幅に減り、朝の支度に余裕が持てるようにもなりました。

うれしいことずくしです。容量、用法を守ってヘアオイルを使えば、雨や湿気も怖くはないです。

パサつき髪の毛の量これが、今も悩み中です

体験者の声
体験者の声

パサつきはドライヤーの前にトリートメントをする事。ドライヤーを当てて乾かすのではなく髪にタオルをかけて乾かすと、パサつきが違います。

髪の毛の量は、髪のセットでごまかします。例えばサイドが重い。

それと、顔が重く見えがちです。後ろにくしを入れながら、スプレーで固め少し無造作にくしでとかすと、軽い感じになります。後ろが重い場合、コテを使います。

3分の1づつに分けて最初の一番下になる部位は、内巻き中間部位は、外巻きと、内巻き合わせ、一番最頭部は、内巻きにすると髪の動きが出て軽い感じになります。

巻き方以外にも、アップにして輪郭線に沿って少し髪を降ろすなど、工夫しています。パサつきに関しては、タオルをかけてする方が、しっとりとした乾き方になり、朝の起きた状態でもしっとりとした感じになります。

オイルは毎日、使用すると、逆に痛めてしまうので、週3、多くても週4程にしています。頭皮からなじませるので、タオルをかけて、より、朝の、感じが違います。

五本指でとかせる位滑らかになります。オイルは、毛穴を隠したり、痛めたりするので、やはり、週3がわたしにとっては、ベストです。

コテは、温度設定120以下、にして、巻くこと、巻き方は、きつくならない様にすると、自然な仕上りになります。自然な感じを出すことで、軽さもでます。

髪の毛をアップする、これは毛量を抑えるというよりも、清潔感を出すに、適してると思います。

雨の日・梅雨時は特に髪がまとまらず困る

体験者の声
体験者の声

髪の悩みは、くせ毛。髪がうねり、また部分的にくせが強いところがあり、洗髪後のブローをしっかりしても直らない。

美容室の仕上げのようにブラシを使ってのブローが上手くできないので、こて型のヘアアイロンを購入し、寝る前と起床後に使用。

「くせ毛が直る」と謳ったブロー前用のヘアスプレー(ウォータータイプ)や、くせ毛用トリートメント(洗い流すタイプ、洗い流さないタイプどちらも)、髪がさらさらになるシャンプー・コンディショナーを使ったりした。

また、夜寝る前に、髪を頭頂部でひとまとめにし、結んだ髪を3~4センチ間隔で先端までヘアゴムで結ぶと翌朝髪がまっすぐになる、という裏技を友人から聞いて試した。

最終的に、行きつけの美容室で縮毛矯正をやっていることを知り、施術をお願いした。

ヘアアイロンは、ドライヤーでブローするよりまっすぐになるので有効だと思った。ただ、夜も朝も、それぞれアイロンに15分くらい時間がかかってしまう。

また、雨の日や梅雨時は、外に出るとすぐに髪のうねりが復活してしまう。ヘアアイロンに費やす時間がもったいないと感じた。

くせ毛が直るというヘアスプレー、くせ毛用トリートメント、シャンプー・コンディショナーは目立った効果は無し。使い切らずに捨ててしまう事になった。

夜寝る前に髪を結ぶ裏技は、確かに髪はまっすぐになったが、手間がかかること、その姿を同居している家族に見られるのが恥ずかしいことから、2~3回試しただけでやめてしまった。

縮毛矯正は髪の根元のふくらみも抑えられ、髪を乾かすだけでちゃんとまとまり、髪の傷みも少ないのでこれが一番私に合っていた。

朝晩の髪のブローにかける時間も格段に少なくなったのが嬉しい。

髪が乾燥していて、触るとパサパサしていて、ごわつきを感じていました

体験者の声
体験者の声

特に毛先の乾燥がひどく、枝毛も気になるようになりました。

髪が肩よりも長いので、余計、毛先の荒れと乾燥が目立ちました。乾燥により全体的にごわついていました。

市販のヘアケア用のオイル、乾燥した髪用の保湿シャンプーやコンディショナーをいろいろ試しました。特にヘアケアの保湿用のオイルは某有名メーカー品から天然素材のものまで使用しました。

髪の乾かし方もネットで調べたり、美容師に聞いたりして試しました。髪の自然乾燥やヘアドライヤーの冷風だけを利用して乾かしてみたりもしました。

ドライヤーの温風を利用してヘアブローを毎朝していましたが、できるだけ控えました。

髪の保湿用オイルは一番効果がありました。

特に椿オイルやオリーブオイルが多く入っている物は、保湿効果があり、髪の乾燥も少しずつ気にならなくなっていきました。

効果を認識できるようになるまでに数週間程、毎日のように利用しました。

ドライヤーの後でオイルをつけるとより効果があるようでした。保湿用シャンプーやコンディショナーは効果を感じませんでした。

どのシャンプーを使っても毛先の乾燥は改善できませんでした。

ヘアドライヤーやヘアブローは、やはり温風利用する必要があるので、完全に冷風のみで髪を乾かしたりセットする事はとても難しかったです。

温風で乾かした後でしっかり保湿オイルを髪全体的に馴染ませれば良いので、冷風を使わなくて良いと思いました。

元からかなりの乾燥毛でありパサつきが酷かったのですが・・

体験者の声
体験者の声

持病でステロイドを処方されるようになってから酷く傷むようになり艶がなくなりました。

美容師さんから「ハリもコシもない髪」などと言われ、美容院でのトリートメントを定期的にするようにしました。

髪の毛に良いと言われている物はいろいろと試しシャンプーを高額のものに変え、洗い流さないヘアトリートメントやヘアケアオイルなども試しました。

ヘアブラシで髪をとかす時、ドライヤーを使用する時などに引っかかり傷むので縮毛矯正をかけました。

また、ドライヤーを二万円くらいするもの(パナソニック ヘアードライヤー ナノケア ナノイー&ダブルミネラル )に変えました。

就寝時にはナイトキャップを使用するようにしました。

あくまでも私の場合ですが、元から髪の質が細く傷みやすいので美容院でのトリートメントはあまり効果がありませんでした。

その日は少し良くなるのですが、どこの美容院で施術してもらっても効果は長続きしませんでした。

シャンプーなどいろいろと試しましたが、今のところ劇的に変化するような商品には出会えていません。

ドライヤ―を変えたことで手触りが良くなり少しマシにはなりましたが、やはり艶のなさや乾燥毛はなかなか改善されませんでした。

一番私が効果があったのはナイトキャップでした。渡辺直美さんが愛用されていることで知り、シルク素材の2000円以下のものを毎晩被って寝るようになったらだんだんツヤが回復し嘘のようにサラサラになりました。

実は寝ている間に寝返りをうつなどして摩擦や絡みが髪の傷みに繋がることがあるそうですが、そういったダメージから守ってくれるそうです。最近人から急に髪がキレイになったと褒められたほどです。

子供の頃はまっすぐで綺麗な直毛だったのに

体験者の声
体験者の声

年を重ねるにつれ、うねりや広がるなどのクセが出てくるようになりました。

シャンプーやトリートメントをエイジング対応の物に変えてみたり、ドライヤーで乾かす時にオイルやアウトバストリートメントをつけてみたりしています。

また、うねりや広がりがより酷くなる梅雨から真夏にかけては、通っている美容院で髪質を理解してくれている美容師さんに相談し、短くカットしたり、パーマをかけたりして、なるべくうねりや広がりが目立たないようにしています。

また、最近は白髪も出てくるようになりましたが、今のところ染めるほどではなさそうなので、見つける都度自分で抜いたり、カットしたりして、対応しています。

うねりや広がりに関しては、トリートメントをちゃんとする、ドライヤーで乾かす時にきちんとオイルやアウトバストリートメントをつけることで、ある程度抑えられているように感じています。

たまに面倒でドライヤーで完全に乾かさなかったり、トリートメントをしなかったりなど手抜きをした時は翌朝、分かりやすくうねりや広がりが出ていますが、ヘアアイロンで直しています。

それでもダメな時は、髪を耳にかけてごまかしたりしています。

最近、ナイトキャップの効果について目にする機会があったので、近いうちに試してみたいと考えています。

白髪に関しては、「髪を抜くのは頭皮を痛めるのでいけない」と理解していますが、髪の量が比較的多い方なので、「多少頭皮が痛んで髪が減ってもいいや」と割り切っています。