かいご畑派遣の口コミ評判感想&主婦やニート登録はデメリット?

ケアップ
ケアップ

かいご畑といえば無資格・未経験からでも介護資格が取れることでも有名な「介護派遣支援サービス」のなかでも人気があります。

そこで今回は実際に「かいご畑」のサービスに登録した口コミや評判など、

実際に登録してみた感想など、例えば主婦やフリーターやニートの方が利用してデメリットなどはあるのかないのか?

などなど、お届けしますので早速まいりましょう。

 




SPONSORED LINK

かいご畑で派遣で主婦として実際に登録してみた感想を書きます!

体験者の声
体験者の声

私が職場の人間関係で悩んでいることは、盛り上がれる話のネタがないことでした。

私はもともとドラッグストアの化粧品担当として働いていました。

周囲のパートさんたちは、主に主婦の方々です。

そんなパートさんたちとコミュニケーションを取らなければいけないのに、共通の話題がなく、会話がしにくかったんです!

彼女らの共通の話題といえば、ローカルなお店の話、ご近所さんの話、育児の話…

最近引っ越してきた私には、なかなかついていける話題がありません。

一方の私といえば、好きなものは絵を描くことや、ゲームをすること。

とてもそんな話は振れませんし、振ったところで誰も乗れそうにありません。

しぶしぶ近況報告くらいの話はしています。

ずっとこんな調子なので、なかなか居心地が悪いです。

私が静岡から三重に引っ越してきたとき、元々した化粧品担当の方が抜け、私がそこに入る形になりました。

うまくつとまるかなと不安でしたが、何とか周りのパートさんたちと細々コミュニケーションを取りながら、職場に慣れていこうと思った矢先のことです。

私が転勤してきた月の一ヶ月後、なんと元いたパートさん3人が一気に辞めることになりました。

店長いわく、前から辞めたいなともらしていたらしいのですが、私のせいでもあったんじゃないかなと…

前の化粧品担当さんは気さくで明るく、誰とでも楽しそうに話をする方でした。

私は内気でとても同じようにはできないので、ある意味みんなそれで踏ん切りをつけてしまったのかなと思います。

本人に聞くわけにいかないので本当のことは分かりませんが、あの状況はショックでした…。

それからある日、ネットで偶然にかいご畑というサイトに登録してみました。

以前から介護の仕事に興味はあったのですが、介護の資格を持っていないためになんとなく自分にはできない仕事だと思い込んでいました。

しかしそれは大きな間違いだったのです。

かいご畑に登録しることで介護未経験で無資格であっても好条件の仕事に出会うことができました。

なによりもお年寄りの方と絵を一緒に書いたり、カラオケやゲームをしたりとても楽しい仕事に出会えたことを今では大変満足している毎日です。

就業から資格取得までトータルサポートしてくれるかいご畑には感謝しかないと思っています。

かいご畑にニートやフリーターが派遣登録してみた感想デメリットなど

落ち込む人
落ち込む人

私が悩んでいたのは、職場の人たちと親しくなれないということでした。

就職活動に失敗し、アルバイトという形でこれまでずっと職を転々としながら働いていました。

どの職場でも主婦や学生がほとんどで、私と同じような境遇の人がいないため、なかなか距離を縮めることができないのです。

本当は色々の話をして盛り上がったり、連絡先を交換するにどしてプライベートな話もしたいのですが、それができないのです。

話をするにしても相手に気を遣わせてしまいそうですし、さらに私の方が年上のことが多いため、親しくなることができないのです。

もし自分が逆の立場だったらどうでしょうか。

やはり相手に気を遣ってしまいます。

話すのにも困ってしまいます。

そのため、なかなか仲良くなれずにいるのです。

職場の人との人間関係は特に悪いということはなく、今までトラブルになったことはありません。

しかし、気まずくなったことは多々あります。

それはやはり、私がこの年齢でアルバイトとして働いているというのが大きなデメリットでした。

職場には高校生や大学生が多くいます。

彼ら彼女らは、やがては卒業していきます。

皆就職先が決まり、晴れて巣立っていきます。

そのような話をしている場に私がいるわけですから、気まずくなってしまいます。

そして、就職が決まった人たちからすると私がどのように映るのかが気になってしまいます。

当然、良くは思われていないでしょう。

そうなると、私から声をかけにくくなりますし、注意などはできなくなってしまいます。

このようなことが何度もありました。

そしていつしかアルバイトすら辞めてニートのような生活を数年間送っていました。

デメリットの負のスパイラル突入です。

母親はあまりあれこれ言うタイプではないため甘えていたのかもしれません。

自分なんか誰にも必要とされない人間なのではないか?

と、ネットで「闇サイト」など見ながらあらぬことも考えたこともあります。

それでも偶然にかいご畑という介護専門求人サイトに目がとまりました。

というのも、高校生のときに付き合っていた彼女が(すぐに別れましたが)介護系の高校に通っていて、

自分も介護の仕事しようかなぁ、

などと冗談で彼女と手をつないで桜並木を一緒に歩いていたことを思い出し「闇サイト」をそっと閉じて、私はかいご畑に登録してみました。

今まで自分に向いていないと思い込んでいた「介護の仕事」が楽しくてときにはつらいこともありました。

それでも今は介護派遣から「介護福祉士」という資格を今年取得します。

この空を眺めると、高校時代の彼女が私を救ってくれたと勝手に私は昔の彼女のことを今でも勝手に感謝しているのです。

かいご畑に派遣で実際に登録してみた口コミや評判をお届けします!

体験者の声
体験者の声

今年の春に旦那さんの転勤で引っ越しをしこの土地に来ました。

職場ではあまりフランクに職場のみんなと話す機会が無く始めは悩んでいました。

私は明るい性格だと思うので、今までどんな職種の職場にいっても直ぐにみんなと仲良くなってあまりそういう事で悩んだ事が無かったもので余計に戸惑ってしまいました!

けど、それも数ヶ月過ぎれば、ここはそんなもんだと諦めもついて過ごしていたのですが、

時間と共に少しづつ見えてきた事もあって、職場に数人とても機嫌屋なスタッフが居て自分の機嫌が悪いと口を利かなかったり、

冷たい態度を取ったりする人がいるせいで、職場の雰囲気が悪くなっている事。

それと、今までの私と今の私の立場の違いも関係しているんだという事にも気がつきました。

前の職場では独身だったのでガンガン働いてどちらかというとみんなの仕事のフォローが多い立場だったのが、今は旦那さんの扶養という名目で1日6時間の週4日だけの勤務…

これではなかなかみんなとの距離が近づかないのも当然だよなぁーと思いました。

上司は必ず自分のお気に入りの子を作るのですが、そのお気に入りの子へのエゴヒイキが凄かったです笑。

ありがちですが…同じ失敗をお気に入りの子がやった時は大して怒らないのに、自分が気に入らない子が同じ事をすると人間性やその人の人生まで否定する様な事を平気で言ってしまったり、なんて事は日常茶飯事でした。

それでも、その職場は上司抜いてみんなは仲が良かったのでなんとか上手くいっていたのですが、ある時、上司がグループを作りお気に入りとそうではない下僕人と差別し始めたんです。

お気に入りグループは自分の意見に逆らわないイエスマンな訳で、まぁ、気持ちよくさせてくれる部下の集まりですよね。

そして、自分のこうしたいという意見をお気に入りグループからそうではない下僕達に伝えて仕事をやらせろ!

という恐ろしいシステムが出来上がり、仲の良かったスタッフにも少しづつ見えない亀裂が生まれてしまいました。

そこで以前から興味のあった介護職に転職をしようと思い立ちました。

思い立つとすぐに行動するタイプで、仕事の休憩の合間にトイレでスマーフォンで介護求人に関する検索していると目にとまったのがかいご畑でした。

「かいご畑」に登録すると、すぐに折り返しの電話がオペレーターからかかってきました。

「仕事中なので、終わってから再度かけなおします、」

と私がそういうと相手側も親切に、

「何時頃でしたら、お時間とれますか?こちらからかけますよ」

と私の電話代を心配してくれたのか、と親切丁寧な対応で私は話しだけでもしてみるかと思いました。

結果的に今はかいご畑をとおして住宅型有料老人ホームで介護職として働いています。

あのとき思いきってトイレで検索してよかったと本当にそう思っています。

かいご畑に登録後に「訪問介護」として働き始めた感想を書きます!

体験者の声
体験者の声

朝、出勤すると、まず人の悪口や、うわさで盛り上がっているのが、見るのも聞くのも、疲れます。

お昼休憩の時間は、部署事に、食堂での座る場所が決まっていて、必然的に座る場所が決まっている感じで、居心地は悪いです。

休憩時間なのに、何故かくつろげないのも疲れます。

あまり気の合わない人とでも、近くに座って、ご飯を食べる事に気を遣います。

お昼休憩の時には、お菓子を持ってくる人が多く、それは個人の自由でいいと思うのですが、同じ部署の人、全員に配る事に違和感を感じます。

お昼休憩の時間が、その日の仕事内容によって、少しずつずれているので、全員が合わない事もあるのですが、その場所にいなかった場合でも、

そのお菓子はいない人のぶんまで、代わりにその場所にいる人に渡されていて、ロッカーにまでわざわざ置かれています。

気の合う間柄だけで、やってもらった方がいいなと、毎回思っていますが、言い出す事はとても難しいし、言える雰囲気でもないです。

入社したての時は、同じ職場の年配のパートの女性に、年齢、結婚してるのか、

独身か、子供はいるのか、どこに住んでるのか、家族構成など、色々な事を聞かれて、答えなくてはいけないのかなと戸惑いました。

コミュニケーションは大事だと思ったので、最初は答えていましたが、その職場に慣れて、雰囲気が何となく見えてくると、ひとりひとりの性格も何となく見えてきて、

その話をみんなに伝えて、色々な情報がほかの人に知れ渡っていくのが、わかったので、仕事以外の話は、自分と気の合う人にしか、話さないようにしていました。

私語をしながら、仕事をする感じが多かったので、話す事が好きな人には、

楽しい職場かもしれませんが、人見知りがある私には、あまり合わない職場でした。

仕事でミスをしたり、間違えたりすると、社員の方よりも、同じパートの人に、色々言われる事が多くて、性格のきつい人と仕事が一緒になった日は(毎日仕事内容が変わるので)、気を遣うので、その分疲れました。

今はかいご畑で派遣という形で在宅介護の仕事についています。

在宅介護という仕事は、介護施設と違って利用者の方と基本的に1対1の関係のお仕事になるのでわずらわしいスタッフ同士の人の悪口などから解放されてさっぱりしました。

これからも介護の仕事は続けていきたいという気持ちです。