介護職で人事異動が多い会社は危険?モチベーション低下した体験

こんにちは、鼻から逆噴射してモチベーション低下したケアップです。

オロナミンCを鼻から逆噴射した体験ございますか?

というのも、つい先日このようなツイートをしました。

綱引きに玉入れに、徒競走。

子供たちと一緒に親である僕らも大熱狂。

保育士さんも休みがなくて介護に負けずと大変そうだよなぁと少し細身だけど胸のボリュームがたまらない保育士さんをチラリと眺める僕ちゃん・・・。

って、おいおいおいー介護の仕事となんにも関係ないやんけー。ふざけるんじゃないよ。

とお怒りのあなた、いえいえこれは実は「介護の仕事」と密接に関係のあることなんですよ。

なぜならば、僕はこの先日の保育園の運動会にすら、今出ることはできずに介護現場で休みがとれずに働くことになっていたからです。

なぜならば、僕は人事異動が出されたからです。

今年の2月ですね、今年の1月に次男坊や(それはそれはかわいらしい赤ちゃん)が生まれたのですが、なぜかその2月に職場の人事異動命令が出されました。

居宅介護支援事業所からのデイサービスへの人事異動命令でした。ケアマネジャーという仕事のメリットとして、やはり土日が基本的に休めるというメリットがあるわけなんですよ。

もちろん休日でも利用者さんから困ったことやなんやら電話がかかってくることはございます。

ですが、不規則な介護現場での早番、遅番、夜勤、明けの日勤、夜勤。

などそういた不規則ではないですし、僕のようなまだ0歳児の赤ちゃんなどいる家庭では、土日休みというメリットは果てしなく大きいわけであります。




SPONSORED LINK

それが降ってわいてでたデイサービスへの人事異動命令です

しかも職場が遠いし調べたところ残業だらけでした・・。

いや前から知ってはいましたが、なにかしたら仕組まれた感が僕にはありましたね。

これが土日休みのデイサービスだというなら、僕も人事異動を「はい、了解いたしました」と敬礼したかもしれません。

ですが、それはできなかった。

カナタナ3文字の某大手介護系の会社だったのですが、コムスンという介護会社が、その昔にやらかしてからそれを買い取った会社ですね。

それでもノルマがキツいけれども、営業というスキルアップにははる会社ではありました。

なぜならノルマがハンパないからですね。

営業という仕事は嫌いではないのですが、残業というものがそもそも大嫌いなでした。

ですので、それはそれでいいとして、でも僕は子供のために、今生まれてきたばかりのこの0歳坊赤ちゃんのために転職を決意しました。

僕の最近の事例で、今年の1月に次男坊やが生まれたのですが、なぜか2月に職場の異動命令が、

しかも職場が遠いし調べたところ残業だらけですよ次の部署が

(某大手の介護系の会社だったのですが)そこで転職しました(僕は転職回数多いです)

家族子供との時間を作るための転職もありだと僕は思います。

家族や子供、そして生まれてきたばかりの赤ちゃんとの生活時間を作るための転職もありだとあなたもそう思いませんか?

家庭環境よりも仕事を優先するあまり、子供とのコミュニケーションすらとることも少なくなる介護職スタッフという現状の数々。

実際に人事異動が多い会社は株式会社だけにとどまらずに医療法人グループや、あなたの地域での社会福祉法人系列のグループでも実際に人事異動は多いように見受けられます。

でも、あなたはそれでいいと思っておりますか?

せっかく今の現場で、やっとの思いで介護スタッフの一員として、今の職場でうまくやっていくことができていたのですよね?

人事異動すら望んでもいなかったのにもかかわらずに、すでに人事異動の御察しが届いて「ええ?どうしよう?」と思われておれているはずです。

わかりますよ、あなたのその気持ち。なぜなら僕もあなたの今のその境遇と全く似たような状況だったからです。

もう・・よくないですか?

人事異動ばかり多い法人介護会社で働くより家族大事に大切にしませんか?

子供たちとの限りない時間を、今よりもっと大切に生活していきたくはないでしょうか?

介護で営業?そんな会社あるの?

と思われるかもしれませんが、カタカナ3文字の某介護系会社は営業ノルマが毎月実際にあります

でのあの会社でケアマネを経験していたからでしょうか、

自宅には介護系の書籍よりも、マーケティング(営業)関連の本ばかりに

やさしさは、私たちの強さになるのかな

と、このようなギリギリのラインを攻めるようなツイートをしてしまったのですが(冷や汗たらたら)・・

株式会社ですからね、営業は仕方ないのかなぁと、僕が勤めていた事業所全体の雰囲気はすごく好きでした。

スタッフもよい方多かったですし、でもノルマが毎月キツかったのは確かな事実です。

某カタカナ3文字の某会社の営業ノルマの追い込みはハンパないですからね。

いや何度も言いますが事業所やスタッフはすごく好きだし良い雰囲気なんですよ。

でも毎月のノルマが激ヤバすぎで、ってなんか「2ちゃん」っぽくなってきてませんか、大丈夫ですかね?

本来ならば営業せずとも口コミで仕事が舞い込むというかたちが一番理想的で、素晴らしい流れなんですけれどもね。

なかなかそう簡単にもいかないというね。

あと介護系の営業ノルマってどんなのがあるか気になりますので、話せる範囲で教えてほしいですという内容の質問をツイッターにていただきましたので、ここでシェア(共有)します。

例えば訪問介護、今月は新規何件取れそうか、月の売り上げはとか、居宅介護支援も同じですね。

件数、売り上げ。介護だから「?」と思うかもしれせんが、医療法人とか社会福祉法人などと違い国の援助金もらっていないので、売り上げにこだわるのは「悪」とは思ってません、がノルマがキツかったのは何度も申し上げているように確かなキツさでした。

世の中のニーズって常に変化しています。

しかもこのようなインターネット技術が進化していく世の中では、介護の世界でも同じようなに劇的な変化が訪れます。

それに対応していかなければいずれ淘汰され、滅びるのです。

不平不満ばかり言っていても仕方ないことなのです。

人事異動が多い会社は危険というよりも、全国チェーンでの株式会社に多いようです

これって特に介護系の会社だけに限らずの話なんですよね。

なので、もしもあなたが今の現状もたしかなる不平不満があるのであれば、あなたにとってもプラスになるような転職方法を今すぐにでも考えて、行動に移すときがきたのかもしれません。

不平不満ばかりつのされていても問題はなにも解決しません。

どうしていつも、僕、私ばかりがこんな目にあうのだろうか?

という被害者意識のクセがついてしまい、一度そういった思考になってしまうと、今後の人生においても、自分で何かを解決しようという思考にすらならず、他人のせいにしてしまうクセがついてしまいます。

これは本当にあなた自身の人生の不幸となります。

考え方だけでも、今すぐに考え直したほうがいいかもしません。

少しの行動が、今まであなた自身が見えていなかった新しい人生の幕開けになることだって実際にあるわけですよ。

しかも今の人手不足の介護業界ではなおさらその傾向が強いわけです。

ようするに、あまりまわりが気づいていないだけで、介護業界は今が実はチャンスだらけなんですよ。

「健康・医療・介護」分野で伸びている会社は、

「介護給付ソフトや介護人材派遣」「オムツ用品」「介護ベッド・車椅子」要するに保険外サービスで上手くサービス事業を展開されている会社が多い。

そしてSNSを通じて採用されるケースもあるようです。

ただし会社の売り上げがよいからといってお給料がよいということでもありませんので、そのあたりは「転職支援サービス」や「転職エージェント」を上手く活用することをおすすめします。

ハローワーク経由の求人だと、いざ面接して入社して「話が違うじゃないか」「異動ありとは書いてあったがまさか3カ月で人事異動命令がでました」

などといった話は実際に起こり得ている事実です。

ぜひそうならないように防御策を練ることも大切です。

そして転職する際は、なにかとまわりの職員たちがあなたのことをあれこれと悪い風潮や、やつあたりなどしてくる可能性もありますが、そこはグッとこらえましょう。

特に人事異動の多い会社でありがちなのが、猛烈な人手不足からくるサービス残業など、こういったことも気をつけて転職活動に弾みをつけていきたいところですよね。

ただ、気づいていないだけであって、意外とチャンスはいたるところに転がっているものなのです。

もちろんあなた自身も同じです。

他人は他人、あなたはあなた自身です。

他人からなにを言われようとも、他人の人生を生きているわけではないのですから、あくまでもあなた自身の人生です。

周りからの目を気になってしまい、職場環境が変わることを恐れるばかりに、変わろうと思うのだけれど、いつまでも変われないことってないですか?

それでもこれだけはぜひ覚えて欲しいことがあるのですが、それはよっぽどのことでもない限りにおいて、あなた自身の周りに起こり得る問題はあなたの態度や行動を変えるだけですぐに解決できるのです。

意識を変えるだけで、行動も変わります。

あなたはあなたの「心のなかの声」に耳を傾けるだけでいいのです。

そこで答えはおのずとあなたの心の中から導かれるはずです。

いかがですか?

あなた自身のまわりから起こり得る問題があっても「これは困った困った」と嘆くよりも、

「さて、人事異動が来てしまったな、これは転職するタイミングがきたのかもしれないな」と前向きにとらえるかどうかで今後のあなたの人生そのものが、今よりもさらに前向きに生きれるようになりえます。

今あなた自身に降り注いでいる「物事の視点」の角度を変えてみてください。

きっとおのずと、あなた自身が今抱えている「問題点」そのものが「より大きなチャンス」となることは間違いありません。

もしかすると、職場での人事異動があった今がまさにそのときなのかもしれませんよ。

もしもあなたの職場において人事異動が頻繁であるようでしたら、それはもうブラック介護職場のサインかもしれません。

なぜならば某大手3文字カタカナ会社におきましてはまさに風前の灯だからなのです。

半年範囲での人事異動ほど「お上の采配」加減がイカれてきているサインなのかもしれません。

人事異動が多い介護職スタッフ人材系の会社は子育て環境の中では働きにくい現状?

自分の身は自分で守るべき事例。昔有料ホームでサ責やってた頃に夜勤明けなのに施設長に「11時にケアマネさんがサービス担当者会議やりたいらしいんだけど?」「あ、はい」とサビ担が終わりお昼13時。介護員のおばちゃんに「何人か寝かせてもらえますか?」「え?」うぅ早く自宅帰って自分が寝たいわ

このあとの記憶はかなり曖昧なのですが、午後3~4時ぐらいやっとのこと自宅に帰ることができた記憶がございます。

駅前にある住宅型有料老人ホームだったのですが、自販機があるのですが、そこでジョージアのエメラルドマウンテンの缶コーヒーを購入したことを覚えております。

そしてその缶コーヒーを飲みながら当時、妻と住んでいたアパートまで歩いて(職場が歩いていける距離でした)のですが、ふと「あれ?お釣りがない」ということに気づきました。

そうなのです。

僕は夜勤明けでカラダの脳みそがかなりおかしくなっていたのでしょう。

自販機から890円(当時は110円だった)のお釣りを取ることすら忘れていたのです。

そこでもう眠いのにもかかわらずに急いでその自販機の前まで戻りました。

駅前ですので、学生さんたちがたくさん通ります。学生に限らずに会社員やOLの方々などもその自販機の前を通ります。

ここまで説明していくと、あなたにもなんとなくオチが想像ついたのではないでしょうか?

そうなのです。

もうすでに、その自販機には890円などお釣り窓にあるよしもありませんでした。

僕は寝不足で頭がボォとしながらもふらふらになりながら、また彼女と一緒に住むアパートへとぼとぼと歩きながら、ふとこう当時思ったのです。

「転職する時期に来たのかもなぁ」

こんなんじゃ、こんな不規則な環境のなかでは、子供ができたとしても子育てにも貢献することなんてできやしないよ、と。

たしかにそうあのときふと思ったことを今でも覚えております。

介護(居宅でも訪問でも訪看)でも営業に行かされる会社も意外と多いですよね。

中国の三国志のなかで「三顧の礼」というエピソードがあるのですが

多少煙たがれても3回、同じ事業所を訪れてみてください

いつも来てるし、次の新規お願いしようかなと3回目で相手の反応がまるで変わってきます。

少し話は前後しますが、人事異動のとにかく多い某会社で働いていてマーケティングスキル(営業方法)が介護の知識よりも身についたことは何かの皮肉でしょうか。

3回同じところに営業に行くのはしんどいかもしれませんが、3回行くとよいことがあると思えば、営業も気が楽かな、と思うわけで、今回の話のなかでの補足説明でした。

ということで、今回は介護職スタッフの人事異動が多い会社は危険なのかどうかという話と、しの実際に人事異動した体験話ですね。

僕の話が実体験に基づくノンフェクション話でしたけれど、少し言いすぎたかもと焦っていることもまた事実です。

それでも事実を伝えなくて何を伝えるというのでしょうか?

あなたは、今の介護職場に満足されておりますか?

人事異動で思わずブラックな部署に配属などされておりませんか?

もしかしたら、そんな僕のように「ふと転職について考えたとき」そのときが行動するべき時期なのかもしれません。

そういった意味でも「語彙力」も「介護力」なのかもしれませんね。

よくあったばかりの利用者さんにたいしてタメ口など、ああいうのは論外ですよね。

自分の持っていないものに不満を頂くことは愚の骨頂です。

意味がないんですよね。

それよりも「自分の今の現状」に目を向けて働くことで道が開かれてくる可能性が高いですよ。

こちらから、おすすめの転職支援サービスを紹介しておきますので、チェックしてみてください。

介護JJ(ジャストジョブ)

介護JJ(ジャストジョブ)は転職で最大20万円の転職支援金と丁寧な転職サポート転職サイトです。

医療介護業界で10年以上人材紹介を行ってきた実績があり、求職者様のためにならない転職はお勧めしていません。

中小企業ならではの求職者様に寄り添った丁寧な転職サポートを行っています。

カイゴジョブ

カイゴジョブの特長としては全国対応で月間利用者が55万人以上の介護従事者さんが利用する国内最大級の求人サイトとという点が魅力的です。

都会はもちろん地方在住の方でも職種・地域・働き方などから簡単検索で応募可能です。

全国40,000件以上の介護求人を掲載しているからこそ、自宅の近くで働ける求人が見つかります。

ジョブメドレー

ジョブメドレーは、都心だけでなく、地方にも強い求人数が多いのが特徴です。

業界最大規模だからこそ、様々な特徴や、ご希望の年収・時給・月給などでぴったりな求人を探すことができます。

さらに、転職成功で「お祝い金」がもらえる医療介護業界に特化した転職求人サイトです。

なかでもおすすめはジョブメドレーです。

ジョブメドレーは、都心だけでなく、地方にも強い求人数が多いのが特徴です。

業界最大規模だからこそ、様々な特徴や、ご希望の年収・時給・月給などでぴったりな求人を探すことができますので、まず登録するならジョブメドレーがもっともおすすめです。

ということで今回は以上です。