【おすすめ】ベビーカー新生児から長く使えるベビー用品おすすめ特集!

ベビーカーやらスリングやらどのメーカーがいいの?新生児におすすめのベビー用品のおすすめをまとめて知りたいです。

その悩みを解決します。

赤ちゃんが生まれたらベビーカーはなによりもやはり必需品のベビー用品のひとつですよね。

そしてまたベビーカーはなにより他のベビー用品と比べてもとっても高価ですので、なにより失敗は許されないのです(ひえー)!!

といいつつ、うちではベビーカーは3児まで使い続けておりますので、かれこれ長女と長男、そして今回新しくこの世に「生」をうけましたが次男坊やの赤ちゃんと足していくと、

かれこれ5~6年ぐらいは使用しておりました。

れぐらい長きにわたって使い続けることができるのもベビーカーというものです。

それでも最後のほうは、ほとんどベビーカーという名前の「荷物置きクルマ」のような使いかたになる場合もありますが。。

ちなみにうちではアカチャンホンポからでていた今は発売されていないかも)メーカーのベビーカーを3児までなんとか持ちました。

こちら耐久性もわるくないようで、ほんとうに家族みんなででかけるときも重宝しております。図書館などに行くときなどは「ベビーカー」というか本置きカーならぬ「ブックカー」のような使い方になっておりますが・・。

ということで、今回は「ベビーカー新生児から長く使えるもので軽いおすすめのメーカー特集」というテーマでお送りして参ります。




SPONSORED LINK

【おすすめ】ベビーカー新生児から長く使えるものでおすすめのメーカー特集

ただ軽ければいいというものでもないのですが、基本的にベビーカーを選ぶさいの基本的な基準点などここでおさらいしておきます。

・赤ちゃん年齢から選ぶ

・折りたたみのしやすさ

・歩きやすさ、使いやすさ

・サイズ・重さ・重量

・耐久性があるもの

・色・デザイン

などなど、今回は新生児から長く使えるもので、かつ軽いサイズでのベビーカーのおすすめはどれかということでしたので

、結論から申し上げますと「アップリカ」のメーカーのベビーカーがどれも軽量で軽めのものが多いのですが、今人気なのがやはり「コンビ」のメーカーからでているベビーカーが人気があります。

例えばコチラの「コンビF2」シリーズ

軽量という点からいってもおすすめのベビーカーになりますが、ハンドルの高さ、そして操作性や折りたたみ具合もよいといった点で人気のベビーカーになります。その軽さにて新生児にも人気のベビーカーです。

がしかし、完璧という言葉はベビーカーならずともなりますとなかなかどうして・・、折りたたみのしやすさはありますが、いかんせん車輪が細いこともありガタガタ道はきびしい。

そういったところからも「コンビF2」シリーズは都会派のクールな軽量ベビーカーといったところでしょうか。

うちみたいな東北の田舎ですとけっこーガタガタ道もありまして、そういった点からも都会的といった評価のベビーカーとなります。

また「コンビF2」シリーズではさまざまなバリエーションも豊富なデザインやサイズのベビーカーもございますので、「楽天ストア」もしくは「アマゾン」ですと、いろいろな実際に使用されてみたユーザー様のクチコミなども豊富にみることができますので、こちらからクチコミなどもチェックしてみてください。

今回は、新生児から長く使えるもので、軽いサイズでのおすすめメーカーということでしたので、コンビのベビーカーを紹介いたしましたが、やはりコンパクトサイズで、バスや電車など多用するママさんにおすすめでしたが、

「じゃあ田舎で使うのはおすすめしないのか?」といいますと、そこまででもないです。

たたみやすくて軽いサイズでのメーカーという点から「コンビF2シリーズ」をおすすめいたしましたが、ほかのメーカーでも、

たとえば「リッチェル」「マクラーレン」「アップリカ」といったほかのメーカーでも軽いもので、長く使用できるベビーカーもございます。

ベビーカー選びでたいせつなのは、いつ、どこで、だれが、どのようにつかうことになるのかどうかがなによりで、使う場面でのシュミレーションも大事です。

サイズや重さ、折りたたみ、ブレーキ。

それが使いやすいかは人それぞれでパーフェクトというものはベビーカーにかぎらずです。

それでも先月まで赤ちゃんだったのに、気づけばもうこんなにおおきくなっているの?

とほんとうに時間の感覚されもタイムループするような感覚におちいってしまうぐらいの日々・・それが子育てというものだとつくづくそう思いませんか?

気づけば自分の年齢もタイムループしている・・なんて笑うに笑えない日々が、・・それが子育ての現実。

そしてそれを楽しむぐらいの気持ちでなければ毎日の育児生活をどうせ送るのだから楽しまなければ、とうちではそう家族みんなで、そんなことなど話しあったりしております。

新生児から長く使えるものをきちんと選びさえすればベビーカーは本当に長持ちがします。

安いからといった理由からだけで選びと間違いなく失敗することにもなりかねません。

今後もしもあなたが2人目、3人目なども視野に入れておられるのであれば、まったく問題なく3人目でもベビーカーは長持ちします。

新生児から乗ることができるベビーカーは、本当に良い製品メーカーでありますと末永く使うことができますので、ぜひ新生児から長く使えるものをじっくりと選ぶことをおすすめします。

おすすめは「楽天ストア」もしくは「アマゾン」です。

※時間や期間によっては、タイムセールなどでの値段の変動もありますので、今すぐチェックだけでもしてみることをおすすめします。

ベビー布団の選び方は本当によい素材を選ぶのがおすすめです!

一日の大半を過ごす超重要なベビー用品のあれこれ選びをあなたは今まさにされておりますよね。

赤ちゃんは生まれてからの一日中ほとんど布団のなかで過ごします。だからこそしっかりとした素材のベビー布団を選びたいところですよね。

ではそもそもどのような素材のベビー布団がおすすめなのでしょうか?

それはまず柔らかすぎずに、かつ固すぎもせずです。

適度な弾力のある素材のベビー布団がおすすめです。

ベビー布団選びは、なんといってもやはり敷き布団の適度なしなやかさと弾力が決め手です。

それと洗いやすい素材であることです。

生後間もない2~3カ月の赤ちゃんはとにかく汗をかきますので、放っておくとすぐにベビー布団にカビ発生という異常事態になるおそれもございます。

それと洗い方も大事ですが干し方も気をつけたいところです。

赤ちゃんの肌は本当に大人の私たちがおもう以上にデリケートですので、外に洗ったベビー布団を長時間干しておくと、大気汚染物質(特に都会は注意が必要)で、ベビー布団はできれば乾燥機にかけて、室内の部屋干しにしたいところです。

シンプルに洗えるベビー布団がなによりです。そして清潔に保つことが大事です。

素材と洗濯のしやすさがなによりの決め手になります。

赤ちゃんが快適に眠れるベビー布団がなにより大切なのです。

◆快適に眠れる素材のベビー布団のポイント

・保湿性

・除湿性

・通気性

また適度な固さ加減も大切です。

ふわふわ過ぎず固すぎず、本当に微妙なところなのですが、寝返りをする時期に赤ちゃんがなる頃にはこうしたケアにも注意したいポイントになります。

また新生児の赤ちゃんであってもなにかのアクシデントで寝返りしてしまった場合に、あまりにふわふわのベビー布団になりますと、

窒息の原因ともなりますのでそのあたりも注意を払い、品質のよいベビー布団を選びたいところです。

では、どんなベビー布団がおすすめなのか?

それはうちでもつかっておりますが、京都西川のベビー布団が素材もしっかりしており、本当におすすめです。

その弾力性もさることながら、洗った際にも即効性のある渇きもあり、たしかに値段は他のメーカーに比べて高いのは高いのですが、赤ちゃんのためにと想うと、やはり京都西川のベビー布団がおすすめです。

高品質で羽毛の心地よさも他のメーカーと比べものにならないぐらい上質の良さを兼ねそなえております。

いずれ、また兄弟が増えるということも視野にいれるのでしたら、多少高い値段のベビー布団であっても、よりよい素材のものをおすすめします。

ベビー布団の選び方は本当によい素材を選ぶのがおすすめです!

そんな値段が高価な京都西川のベビー布団ですが、「楽天ストア」もしくは「アマゾン」なら価格もとてもリーズナブルな場合が多いですので、まずはこちらからチェックだけでもしてみてください。

※時間や期間によっては、タイムセールなどでの値段の変動もありますので、今すぐチェックだけでもしてみることをおすすめします。

車内で便利な赤ちゃんおもちゃグッズのおすすめはオーボールだけで十分!!

赤ちゃんを車のチャイルドシートにのせて、今週末の休みはちょっとだけ、家族ファミリーで少し遠くまで今日はドライブにしゅっぱーつしんこう!!

・・・なんだけれど、あれあれあれ?

ネットで調べたはずの赤ちゃん連れのドライブでおすすめな便利グッズ人気30選

とかなんとか、ネットでおすすめしていたはずの赤ちゃんおもちゃグッズをあれこれ買ってみたものの、クルマ走らせ車内で赤ちゃん「ぎゃーぎゃー」。

あれ・・こんなはずじゃなかったのに。。

なんていう経験、あなたのご家庭にもありませんか?

ちなみにうちも以前はそうでした。

・カーミラー

・ピンホイールファン

・くるまでメリー

・バタフライストロール

それこそ車内ぐずぐず赤ちゃんグッズ人気アイテムおすすめ第10~30選特集とかネットで検索しますといろいろな情報がでますよね。

それをうのみにして、さまざま試してみたのですが、けっきょくのところ、クルマでの車内で便利な赤ちゃんおもちゃグッズのおすすめはオーボールだけで十分でした。

created by Rinker
ラングスジャパン

まさにシンプルイズベストとはこういうことをいうのだなぁとひしひしとそう感じております。

これが赤ちゃんではなく2~3歳ともなると、あれやこれやの育児アイテムグッズなども必要になるのでしょうけれども、赤ちゃんってシンプルなものが一番好きみたいです。

うちでは、オーボールを車内であたえながら、たとえばパパが車を運転しているのであれば、ママにオーボールでころころとさせながらあやしてもらったり、

逆にママでも対応困難と判断した場合、パパとママは運転をちぇーんじします。

そしてパパがオーボールを赤ちゃんの目の前にずーんとさしだしたり、遠くへひゅーんなどと身振りてぶりを大げさアクションであやしながら車は目的地までつきます。

シンプルなオーボールというアイテムだからこそ、赤ちゃんとのコミュニケーションや会話をしながらクルマのドライブ車中での長時間の移動におすすめなアイテム。

オーボールは指に引っかかりやすく、まださほど握力がない赤ちゃんにも、めちゃんこつかいやすい定番アイテムです。

また車内のドライブにかぎらず、家のなかや外でも大活躍のオーボールはとってもお手軽な価格で購入できます。

アカチャンホンポや西松屋などのリアル店舗でもおもとめできますが、ネットショッピングですとクレカやショップのポイントなどうまく利用することで、とてもお得な場合がございます。

また「楽天ストア」もしくは「アマゾン」でも価格もとてもリーズナブルですので、まずはあなたのお気に入りのオーボールをこちらから探してみてください。

created by Rinker
ラングスジャパン

※時間や期間によっては、タイムセールなどでの値段の変動もありますので、今すぐチェックだけでもしてみることをおすすめします。

ベビー用品おすすめの世間の評判や口コミは?

ベビー用品おすすめのSNSでの評判についても調べてみました。

TwitterなどのSNSで調べてみたところアマゾンのセールや楽天の買い回りセールでベビー用品を買う方も多くみられました。

また新品ではなくメルカリなどで中古でベビー用品を購入されるかたも見られました。

ところで、あなたは今まさにベビー用品のあれこれなどを購入しようとしているんだけれど、本当にどれがおすすめかどうか悩まれておりますよね?

出産して元気な赤ちゃんがいて毎日があわただしいとおもいます。

これから家族が増えていくにあたり、マイホームは今後どうするのか、お金の問題や子供の保険や親の保険の見直しもしていかなければならないはずです。

そんなときに「保険見直しラボ」がおすすめです。

子供のために、そして家族のために、今はいっている保険が本当に自分や子供や家族のために必要な保険なのか「保険見直しラボ」でチェックしてみてください。

それとまた家庭をもち赤ちゃんなどがおりますとクルマの乗り換えなども検討する方も多いのではないでしょうか。

いままで好きだった車からファミリーカーへ乗り換えたりしないとなぁというご家庭の方もいらっしゃるのではないでしょうか。

これから絶対に乗ってみたい車は、A90型(DB型)スープラです。

これまで20台ほどの車を乗り継いできましたが、その中でもA80型スープラの乗り心地がいまでも忘れることができません。

今回17年ぶりに復活したスープラがこれまでのスープラのイメージを踏襲できている仕上がりとなっているものなのか?実際に乗って試してみたい気持ちでいっぱいです。

スープラ復活の噂を聞いたときから、いつ頃、発売されるのか大変注目しており、情報収集をしておりました。

今回、残念なことにBMWとの共同開発となり、心臓部がBMW・Z4との共有となったことが非常に残念であり、先代のスープラと乗りごこちが違ったイメージをなってしまったのでは危惧しているところです。

初代のセリカXXも素敵なフォルムを提供していましたが、A60型セリカXXが発売された当時、その斬新かつ洗練されたフォルムに深い衝撃を感じたことをいまでも覚えています。

免許が取れたらこの車に乗るのだとほれ込んだものでした。

A70型の発売に伴い北米仕様の「スープラ」の名を冠しての登場となり、この車種から2.5Lツインターボ280PSと圧倒的なパワーの心臓を持つ車となりました。残念ながらA70型にのることありませんでした。

レースで活躍ぶりは何となく心に残っています。

その後、スープラの名を冠して2代目となるA80型が発売されたときには、A60型が発売されたときと同じ感覚を覚えました。

3L直6ツインターボ、馬力は280PSに抑えられたものの、最大トルクの46kg-mとなり、最先端の制御装置を採用し、その心臓を支える足回りにはダブルウィッシュボーン式を採用し、安定感のある走りを提供。

内装も本革シートを採用し、内外装とも高級感ある仕様であるにもかかわらずリーズナブルな価格設定であったことが非常にうれしく感じたものです。

今回の17年ぶりに復活となったスープラがこれまでのスープラの歴史を踏襲できているのかとても興味があります。

そういった方にカーセンサー.net簡単ネット査定がおすすめです。

お時間がもしあるようであればこちらもあわせてチェックしてみてください。

ということで今回は以上です。