20代ニートが社会復帰して仕事を見つけたい正社員になりたい解決方法

いまさらなんだけれど20代ニートの社会復帰は無理?正社員は受からない?さすがに30代になる前に真面目にそろそろ働こうと思っているんだけれど、どうしたらいいんだろう?

今回はその悩みをここで解決します。

仮にあなたが今20代ニートであり、そして十分にニート生活を満喫したとします。

そしてこのまま一生ニートでいいのか?自問自答している段階だと思われます。

仮に今から正社員の職種を探したところで、何年も働きもせずにニートだった自分にいったいどこで雇ってくれる会社があるのだろうか?

仮に面接までこぎつけたとしても、その面接の段階で受からないのではないか?というか面接当日になったら、急に行きたくないといういつものどうせいつものあれで無理なんじゃないのか?

と、そうあなたは今自問自答しているところですよね。

それでももう大丈夫です。

実際に数年のニート経験から正社員になり、今では妻子もマイホームもあり、普通に生活できている僕ももともとは20代はニートそのものでした。

そんな長いことニート生活を満喫していた僕がおすすめの職種をここで紹介します。

そして面接テクニックもお伝えします。

ニートならではの面接テクニックをお伝えするその前にまず、こちらの就職Shopに登録してください。

ご覧いただけましたか?もしもまだでしたら、まず一通り目を通してから、すぐに登録だけでもしてみることをおすすめします。

なぜならば、ご覧になられるとわかりますが、なんといっても就職Shopがおすすめなのが「書類選考なし」で面接まで一気にいけちゃうところなんですよ。

ニートにとって、一番ネックなのが、履歴書と職務経歴書。

僕自身も経験があるのですが、ニートなので書くことってほんとないんですよ。

履歴書ならまだ通った学校とか書くことができますが、職務経歴書なんかね、働いてないんだから書けないですよ。これほんと重要です。

ニートしてないで働きなさい、なんて世間はいうかもしれませんが、ハードルが高いんですよ。ハローワーク行ってもそもそも無理。

IT、ITを騒がれている世の中ですが、そういったインターネット文化のおかげですよね。ニートでも正社員として働けることができる時代になったのですから。

ホリエモンさんの書籍なんか読んでおりますと、ニートこそが活躍できる世の中になったという趣旨のことが書かれてあったりして大変に面白いですよ。

正社員という仕事から起業家になるなるニートが本当に今増えているそうです。

そりゃそうです、普通に働いて普通に恋愛をして、普通に生活していた方よりも、僕たちニート、または元ニートはそもそも普通じゃない生活をしていたことがなによりの強みなんです。

これってなにもふざけていっているわけでもなく、これからの時代を生きていくためには、普通が普通じゃなくなる世の中です。

例えが悪いですが、僕たちニートはいわば寄生虫のような生き方をしてきたおかげで、世の中を真正面からみるよりも後ろ斜めよりに、世の中をとらえてはいないでしょうか?

そうですよね?とらえておりますよね?

だから、そこがいいんですよ。

そこがニートの本来の強みなのです。

また面接テクニックですが、ニートならではの手法。

特に20代であればなおさら効果的です。

自分からあまりガツガツしゃべらない、というものです。かなり効果ありです。

面接なんかですと、相手の聞かれたことにたいして、投げられてたボールを、ただ投げ返すだけでいいのです。

多くの面接で失敗する例として「しゃべりすぎ」ということが一番の失敗例です。ニートの方って、そうした尋常ではない想像力がありますから、なんとなくわかりますよね?

聞かれてもいないことを、自信満々で自己アピールするあのウザさ。。

もうああいうの古いんです。。

ニートならではの面接戦略としては、徹底的に「川の流れのように身を任せる」作戦です。自分なんかない。そもそも自己アピールするべきところがないのですから。

そこがこれからの新しい求められている人材なんですよ。

ITの発達により、すでに世の中的に「正解」とよばれる経営方法も廃れてしまっており、これからはますます「変化に適応」できる人材が欲されているといわれております。

その「変化に適応」できる人材こそが「ニート」だからこそ可能なのです。

・今の自分をどうしても変えたい

・もう自宅に引きこもるのもまっぴらだ

・お金を手にいれて本物のようなダッチワイフを買いたい

・ほんものの女性と食事がしてみたい

・お金もちになって世間を見返してやりたい

大丈夫ですよ。それ全部叶えましょうよ。

大丈夫ですよ。それ全部叶えましょうよ。

大丈夫ですよ。それ全部叶えましょうよ。

本気であなたに伝えたいことなので、何度でも言います。

ニート歴10年の僕は、それ全部叶えましたよ。あなただってできるはずですよ。そのために僕にできることはしていきたいとおもいます。

だから今こそニートから正社員になってください。

今がそのときです。

こちらに今すぐまずは就職Shopに登録してみてください。

※20代ニートに100パーセントおすすめの職種案件を今すぐ就職Shopで探してみる。

※ただしよい職種案件は本当にすぐに決まってしまいますので、今すぐチェックだけでもしてみることをおすすめします。




SPONSORED LINK

元ニートが語る「働きたくない理由と、人と関わりたくない訳」え?甘い?

20代の頃はほとんどニート同然だった・・・

そんな僕でも今はもう40代です。結婚もして子供も3人おりまして、ふつうに会社で働くどこにでもいるような平凡サラリーマンです。

平凡なさなか、少し変わったことをしていることといえば、強いていえばブログやツイッターなど定期的に書いてるぐらいでしょうか。

といっても、今の若い人たちからしてみたらブログやツイッターなど特段かわったことでもなくって、すでに生活のなかの当たり前の一部になっているのかもしれませんけれど・・。

さて、先日にこのようなTwitterでこのようなツイートをしました。

市役所の生活保護かの前で決起会みたいのたまに見るんだ、「今日こそもらうぞ!」「おう」「もうちょっと、服こうしたら」みたいなボロ服を、なんともいえない虚無感を感じちゃう。さあ保護か行ってくるよ、もちろん仕事でさ。

しかしながらこのように、今回の記事は「ニートはみんなであつまって生活保護もらってうまい汁吸って生きようぜ!」といったことを言いたいわけではありません。

結論を申しますと、別に働くためにだけに生まれてきたわけでもない、生きていくために働く必要があるならば、ある程度働いて、また休み、また働く。

というある種の自給自足的な生き方があってもいいと思うのですね。

ただし僕の体験談からですが、10代後半から20代の頃って「特別な自分さがし」みたいなものがなかったですか?

いわゆる「自分探し」というやつです。

青春時代のモラトリアム期間真っ最中というやつです。

自分とはなにか?自分の存在価値とは?自分がこの世に存在している理由(レーゾンテートル)とは?

だいたい僕なんかこんなかんじで、20代の頃はアルバイトしながら、ほぼ引きこもって古今東西の小説ばかり読んでおりました。

ミステリー小説なんか京極夏彦とか分厚くて、あの世界観に入り込むと現実から遊離されたようにで、なんともあの小説の世界がたまらんかったです。

純文学系もいろいろ読みましたが、やはり引きこもり文学者の第一人者、村上春樹が好きなかぁと。

と、ニートになりますと、時間が24時間フルですべて自由ですから。

人によっては「なにやってんだろうね?」と言われようとも人に迷惑かけてるわけでもないので、アパートの家賃はそれまでためていたアルバイトで払っているし。

食費も一日500円とか決めて、それでなんとか生活したりする。

これがまだサバイバル感があって楽しい東京ライフでした。

いかに調理せず、そしていかにお金をつかわずとも栄養素だけはしっかりととれるかなども、研究した結果、「サバ缶最強説」という僕の持論ができあがったのもあの当時です。

サバ缶ってホンキで栄養素のカタマリで、缶だとサバの骨もまるまる入ってますので、かなりおすすめしますよ。

それで話を戻しますと、ニートだからダメとか、お金持ちが正義だとかいうのもわからなくともないのですが、いったん社会からレールはずれちゃった人たちにたいして社会は本当に冷たいですよね。

なんというか・・。許す気持ちが希薄というか・・。

元ニートと一人としては、特に20代の頃ですね、なにをしたいかもわからないので、とりあえず東京も田舎から上京してアルバイトをしながら生活しておりました。

高校を卒業して、地元で就職して大学行くお金もないからといった家はね。と親から言われていたので、それでもただ働くだけの人生ってどうなんだろう?

というモラトリアム期間でしたので、就職はパスして地元から東京に逃げました。

人生って案外とどうとでもなるんです。悪いことさえしなければ。

人と関わりたくない期間があってもいいと思います。実際に僕も1年半ぐらい夜のコンビニのバイト週3ぐらいであとはボロアパートで、『ファイナルファンタジー』『三国志』といった現実から遊離できるようなロールプレイイングゲームばかりしていた時期もあります。

あと働きたくない理由は、冒頭のタイトルどおりに、人をあまり関わりたくないといった理由ですね。

当ブログのどこかの記事でも書いたのですが、バイト代ためこんで辞めて。あとはニート生活を楽しんおりました。

ただし、ここで少しだけいいたいことは、もしも今この40代でニートであって、引きこもって働いていない。

そして親のスネをかじって生活しているのであれば、またそれは大問題です。

そういったこともふまえますと・・・

ニートは少しでもいいから社会とつながりを持った方がいい

どうしても人と接したくないというのであれば、僕も最近はほとんど書いていないのですが、インターネットでのライター業務ですね。

今、久しぶりにランサーズを開いたら、ああこんなの書いたっけーというのが。以前に僕がライターとしていただけた報酬。

結論:自分の体験談は最高のコンテンツとなりうる。・・ほうけいw

といったツイートを以前にしたのですが、ネット経由であっても誰かが欲している情報、あなただけの情報があるはずです。

ニートならニートでもいいのです。

ニートなんか基本ヒマですからね。

僕なんかジョギングと読書の毎日でした。生産性ゼロですw

だけれど今の時代なら、ネットをつかってこうしたライター業務もあったりするので、かなりおすすめですよ。

ニートがいったいどんな生活をしているんだろう?と知りたい人たちだっておりますからね。

そしてニートという「仕事じゃない仕事w」に逆に疲れてきたら、リアルにアルバイトをするということだって断然にアリです。

というわけで、ここで以前にアンケートサイトでいただいたアルバイト体験談をいくつかここでご紹介します。

学生時代に警備員のアルバイトをしていました。

競馬場の警備員、イベント・コンサートの警備員をしていました。競馬場の警備員では、競馬場周辺の違法駐車の車を排除する仕事がメインでした。

本来は駐車場に止めて、競馬場へ行くのですが、駐車料金が取られるのが嫌なのか、少し遠くの道路で駐車して歩いていく人たちに注意をし、車を移動してもらう仕事をしていました。なかなか思うようには仕事が進まず、ストレスが溜まるアルバイトでした。

しかし、経験を重ねていくと、コツが分かってきて、結構時間を掛けなくても、違法駐車の車を排除することができるようになりました。

3年目に、駐車場の警備を任されました。無料の駐車場だったので、開場時間近くになると、入り口付近に車が集まってきて、その車を排除するのが大変でした。

完全に駐車場の警備を上司から任されていたので、僕の加減ひとつで変わってくるので、責任重大な仕事でした。

警備をしていて、いろんな性格の人とのコミュニケーションが求められるので、結果、コミュニケーション能力が身に付いたかと思います。

また、学生時代に他にもイベント・コンサートの警備員のアルバイトもしました。Jリーグの試合の警備、コンサートの会場周辺の警備がメインでした。

他にも花火大会などのイベントの警備もしました。

Jリーグの試合の警備では、競馬場の警備同様、会場周辺の違法駐車の車の排除をする仕事がメインでした。ある程度経験を積むと、会場内の警備も任されました。

違法駐車の車の排除は、結構同じところをクルクル回っていて、明らかにどこか止められる場所を見つけようとしている車がいたら、無線で車のナンバーを周りの警備員と共有し、違法駐車をさせないようにしていました。チームワークが必要な仕事でした。

僕も警備員のアルバイトは数か月やったことはあるのですが、正直しんどいです。

最後、バイト辞めるときに事務所に制服おいて逃げるように帰った記憶があります。キツいですよね。

特に今だと外で警備とかほんとキツいはずです。

紫外線がハンパないですし、相当な重労働です。

ラッキーなデパートの楽なところに派遣されると、意外とキツくないときもありますが、けっきょく派遣性なので、ずっとそのデパートでというわけでもありませんから、そのあたりキツいですね。

僕がこれまでに経験したアルバイトで一番長かった、そして一番印象に残っているのは、関西の某・大手百貨店の地下食料品売り場の中の高級・進物用のフルーツショップでのアルバイトです。一年働きました。

当時、短大に入学したばかりで、初めてのアルバイトでもありました。楽しくもあり、辛くもあり、色んな経験をし、色んな事を学べたアルバイトでありました。

店のオーナー、百貨店の正社員、アルバイトと色んな雇用形式の人が働いていて、それぞれの役割や立場がはっきりしている職場であり、その部分もとても興味深い体験でした。

人間関係がその分、とても複雑でしたので。そして、若い自分が、高級フルーツを売るというのも大変難しい仕事でした。

先ず、百貨店の中の職場・・・という事で、フルーツショップのオーナー、百貨店の正社員、アルバイトと3つの異なる雇用形式の人たちが一緒に働いていた事で、立場がそれぞれ違い、考え方も違い、そういった事がとても勉強になりました。
それぞれの立場を、それぞれの立場から客観的に見る・・・という勉強ができたように思います。

人の側に立つ、お客さん側に立つ、そういった事にも繋がりました。その上、百貨店の他の店舗の人たちとも仲良くなり、人間関係の面で本当に物凄く色んな経験ができたと、今振り返ってみても思います。

正社員の年上の女性社員に嫌われた事もありますが、誠意を持って働いているうちに反対に好かれるようになり、最後には凄くよくしてもらったという事もありました。一生懸命にしていれば、見てくれる人は見てくれるんだとも思いました。

まさにアルバイト体験を通じて、社会という組織のなかでいろいろなことを学べることができるのだという典型例です。

ただし、そう簡単には社会にはなじめないのが(僕も含めてですが)ニートの特徴であり、またニートなりのなんだかよくわからないプライドがあたりするんですよね。

意地でも働くもんか、とかねw

さて、いかがでしたでしょうか?普通を知ることで、僕たちは真の「自立したニート」というある種のより自分らしい生き方ができるようになります。

自立したニートは、情報量はパないですから、僕も元ニートとして少しでもニートというある種のネガティブなイメージをすこしでも払拭できてらいいなと思っております。

普通のお仕事を通じて普通な暮らしをされている方々をご紹介してきておりますが、そもそも僕たちニートは普通じゃないですよね。

なので何度もここでもふれているとおりに、その普通じゃない感覚を武器にできるのが今の時代です。そこだけあたまに入れておけばくじけることなどありません。

なので今こそ「ニート」から「正社員」になってください。

今がそのときです。

こちらに今すぐまずは就職Shopに登録してみてください。

※ただしよい職種案件は本当にすぐに決まってしまいますので、今すぐチェックだけでもしてみることをおすすめします。

今後もそういったニートのための就活特集なども今後書いてみたいと思います。

ニートは仕事するのが怖い?であれば正社員の前にアルバイト経験しよう!

どうも20代の頃はほとんどニート同然に生活をしていたケアップです。

そんな僕ですが今では日曜という日はこのようないたってフツーな庶民的な生活を日々送っております。

午前は水族館混みすぎにより、公園二件はしご。マックでお昼。少し休憩まったりしております~午後は図書館に行き、家族で初カラオケに行ってくるのですが、はたして大丈夫なのかな?いろんな意味で。

と、このようなツイートをしましたが、僕がニート時代の想いのありったけを語った記事がございますので、今回はいわば『番外編』という位置づけとしてとらえていただければ幸いです。

それでは今回の主題は、ニートからいたって普通な正社員として働く前のステップとして、どうしてもまだニートでいたい。

正直働くのが怖い。

ではあるけれどいずれは就職して正社員として働きたい。

と、そんなあなたにまずアルバイトから気軽に働いてみましょうよ、という提案。

僕からの気軽なそんなアプローチなわけでございます。

孤独死にならない自立したニートひきこもりになるための傾向と対策

以前にツイッターでこのようなツイートをしました。

よし今から「ニート3部作」の最終章を書き上げます。淡々と描くだけです。それでいて熱々としたいい感じですね。過去を振り返ると、よいコンテンツがうみだせますね、恥も世間体とかかなぐりすてて、自分をさらけだし誰かの価値になる記事を書いていければと、と。ま、・・・全部理想論ですけどね?

今回は「自立したニート」というテーマが主題です。

孤独死ってニートと隣り合わせていてサバイバル感が満載なのですが、僕が提唱している「自立したニート」とは、いつでも社会復帰できるけど、今は誰とも関わりたくないからひきこもっているんだよ、ときちんと誰かに、

「ひきこもってるけど、大丈夫なの?」

「ニートなんだって?働かなくても平気なの?」

「おまえ、また新しいダッチワイフ手にもってたんだって?」

なんて言われても、

「うん、そうだけど、それがどうかした?」

と、堂々とした態度でも物事を語れるニート。

それこそが、「自立したニート」という、社会人と反社会人とのちょうど分岐点の位置にポジショニングをとっている、いわば特殊部類にはいるタイプの人種のことを示します。

もちろん、僕もその一人でした。

ニートになるためにアルバイトをひたすらがんばった時期もあります。

人となるべく関わりたくないので、深夜のコンビニアルバイトが一番だという理由で、20代の頃は週に2~3回の深夜コンビニバイト。

あとは自宅にゲーム三昧の日々・・といった生活もしていた時期もございます。

ニート歴が長くなってきますと、1日が24時間ではなくなるんですよ、これってあまりおおく語られていない事実なんですけれど、わりと事実です。

ニートになると1日が48時間になる傾向の方が意外と多いんですよね。

まずゲームとかどっぷりハマっちゃうので、ぶっつづけで15時間とか16時間ぐらい約2日分の睡眠を(8時間×2)とります。

◆1日が48時間のスケジュール一覧

深夜コンビニ:21時開始~翌朝9時に終わる

帰宅してゲーム:10時~翌1時

爆睡して起きる:1時~17時ぐらい(睡眠16時間)

その日にバイトがあれば、行く準備をしたりするし、バイトが休みならば、またごはん食べて、銭湯いったりする。

それからまたゲーム(ヘビーローテーション)といった生活ですね(僕の20代前半ぐらいの生活です)

ご飯とかに時間をかけるよりも『ファイナルファンタジー』でのレベルをあげるほうに時間をよりつかいたいので、近所の激安お弁当屋さんにいつもお世話になっておりました。

もしくは激安の牛丼屋ですね。一番安いのを注文して、あとは紅しょうがをおもいっきりかけてお腹を満たします。

自立したニートになるためには、食事も「質より量」です。

まず質を追うよりも圧倒的な量をとる。

なるべくお金を使わない圧倒的なミニマムライフ。

4畳半一間のアパートにあるのはゲームと、カセットコンロのみ。

カセットコンロは主に袋ラーメンを煮るために使用します。

僕の場合『サッポロの塩ラーメン』が好きでしたね。

◆主にこんなタイプのやつ↓↓

孤独死にならないためには、低燃費な生活しながらもある程度の栄養にも気をつけたいところなので、こうした袋ラーメンを煮込む際には一緒にお野菜も入れることがなによりのおすすめです。

白菜か、キャベツがビタミン、ミネラルなども豊富なのでわりとおすすめです。

また卵を一個入れることによってタンパク質もさることながら、サッポロの塩ラーメンにうまい具合にとき卵のようにふわーとした食感となり全体にまろやかな風味をあたえます。

ぜひ、孤独死にならない自立したニートになるための食事として、今回はこのような一例をあげておきました。

また徹底的な「ニートひきこもり」となりますと、どうしても運動不足になる傾向に陥りがちになります。

そこで運動です。自宅でスクワットやももあげといったたぐいでもいいのですが、やはり少しでも外の風にあたることも孤独死を防ぐことになります。

ほんの少しでいいので外をジョギングをすること。これが大切。

だけれど、ご無理して近所さんとのあいさつもしなくてももちろんいいのです。

ただ「そういえば、あそこのアパートの人、ときどきジョギングしているなぁ」と思われるぐらいがちょうどいいですね。

そしていつまでもニートでいる必要もないということ。

20代の頃のニート体験談を書いているんですが、筆がすいすい進みますね。2記事書きましたが、もう一発行けそうです。やはり雑誌やネットから調べた系よりも、自分自身の体験談って熱量がパない気がする・・ってことはほうけい直した話も書いたほうがいいのか?

そう、いうなれば、いつでも働こうとおもうと働けるのが「自立したニート」の圧倒的な価値観です。

「自立したニート」はいつでも働くことも実は可能なのです。

働きアリの軍団の10のうち、2割は働かないアリなのだそうです。しかし働いている8割のアリがなにかあったら「カラスにたべられた、ガキんちょにふまれた」などといった、なにかしらのアクシデントがあったとき、

そのいままで働かなかった2割のアリが、その8割に紛れ込み、急に働きアリになるというデータが立証されております。

これっていったいどういうことなのでしょうか?

結論からもうしますと、元来もともとそういうもんだっていう事実なのです。

アリもヒトも一緒です。

では今回は以上です。