看護師でキャバクラ派遣のバイトをしている人が多い?バレる?バレない?

知り合いに聞いた話なんですが、看護師とキャバクラ派遣は相性がよくってバイトしている人が多いらしいけれどバレるか心配なのです。

その悩みについて今回はお答えします。

業種にと勤務先にもよりますが、大きな病院は年末や年始でも開いているので、休みづらいイメージがあります。

また、看護師などは準夜勤や夜勤の仕事もあるので、生活リズムが安定しないのがきついですね。

給料については、勤務先によってまちまちだと聞いた話があります。

また、地方によってギャラの差が大きいことが実際に仕事しているから聞いたことがあります。

※今回の記事は寄与記事となります。

処遇が良い病院であれば、満足した給料は貰えますが身体的・精神的なストレスを受けやすいと思っています。

勤務形態も不規則なので、体力に自信が無いと厳しいイメージがありますね。

また、処置などで手先を使うので、机上の理論だけでなく手技ができないと勤まらい感じがします。

人の命を預かる仕事なので、自分の感情に流されず、責任と使命感を持って働ける人が適していると思われます。

また、景気に左右されないので食いはぐれるリスクが少ない業界ですね。

新聞やニュースで記事を目にしましたが、看護師の資格を持ちながら医療現場を離れている人は50万人以上いるそうです。

これが、慢性的な人手不足が続いている理由だと思いますね。

男性の看護師は増えてきているけれども、女性特有の世界ですね。

その理由は、出産などの理由によって現場を離れてしまうからだと思われます。

また、看護師の手技はどの現場に行ってもあるので、ブランクがあるとその感覚が鈍っていそうで不安があるのも理由にあるかもしれません。

復職に対するサポート体制が充実していないのも原因にありますね。

そのため、慢性的な人材不足が起きていると思われます。

また、社会的な要因としては超高齢社会が背景にあると言えます。

団塊世代の全てが2025年に全て後期高齢者に入り、医療を必要とする人が増えるのも要因にあると思われますね。

女性は子どもを産む特性があるので、その比率が圧倒的に高い看護師は人手不足が常態化しやすいのです。

医療業界の仕事に就いていると初対面の方に伝えると、まず初めに「注射打ったりするんでしょ。」と言われます。

医療業界の仕事=注射のイメージが根強いのでしょうね。

また、白衣の天使像はいまだに払拭されることなく今日まで至っています。

医療業界の仕事に就いている身としては【きれいな仕事だけではない】と声を大にして伝えたいです。

私たちの朝の仕事は、まず大体は清拭から始まります。

お風呂に入れない方の体を隅々まで拭いたり洗ったりするのです。

ここで対応している方によってはセクハラまがいの言動や行動をされる方がいます。

成人向けのビデオでよく医療界をテーマにしたものがあるからなのでしょうか。

ただ、普通のOLと違うのはそういったセクハラ言動を受けたとしても訴えにくいということです。

精神疾患やせん妄、認知症によって現状が理解できていない方もいらっしゃるので故意なのかそうでないのかの判断がつきにくいのです。

その辺がグレーゾーンになりやすいのが医療業界の仕事にありがちだと思います。

慢性的な人手不足原因としては、少なからず少子高齢化は影響されていると思います。

また、ゆとり世代への突入により現代人の精神面の弱さが顕著となったことも原因の一つであると思います。

医療業界で特に資格保持者は、専門学校や大学の教育課程を経て入職となります。

しかし、少子化により若年層の入学率は低下していると思います。

もともとの育てる人材が少なければ、おのずと社会に出る人数も少ないことがわかります。

また、入学した方たちが全て卒業できるわけではありません。研修というふるいにかけられます。

既に就職している方々にもう一度学生に戻りたいか聞いてみてください。

答えは体外「NO」と答えるはずです。

私も実際にふるいにかけられ、心が折れそうになりました。

昔はパワハラや体罰などの言葉もなく、子育ての場や教育の場でも日常的にされていたと思います。

しかし、現在はそのような行為が摘発されるようになり教育する立場の方たちは訴えられないように神経を使うようになりました。

その結果、ゆとり世代では強く叱られた経験のない方たちが多くなりました。

かくゆう私もゆとり世代の一人なのですが、同年代の友人たちは厳しい研修によって心を病んでしまい自主退学する者や、進級ができなかった者もいました。

こうして、卒業し資格も合格できた者は入学当初より20人ほど少ない人数でした。

さらに、給与面でも仕事内容と割に合わないと常々感じます。

インターネットも普及していますし、働き方も様々なので医療界よりもっと割のいい仕事もたくさんあるのが現状です。

不況の煽りもうけて給与が低下している割に、仕事がハードなためやりがいがなければ続かないのも事実です。

苦労して卒業しても仕事にやりがいを見出せなければ続かないのが医療業界は顕著です。

入学する人数がもともと少ない→卒業するのは入学時の2/3程度→入職しても給与と仕事内容が割に合わない→退職または医療資格を活かして転職する悪循環に陥っているため、慢性的な人手不足となるのではないかと思います。

そしてなかには隠れてキャバクラ派遣のアルバイトをしている人も以前にいましたね。

実際はバレることもあるでしょうけれど、バレたからといって即クビにもできない事情がやはり人手不足にも原因があると思います。

それに意外とバレると思っていてもバレないケースも多いですし、ようするに看護師としての本職を持ちながら、副業でキャバクラ派遣のアルバイトというよりお金を稼げることだけは事実です。

それにキャバクラ派遣のバイトを通じて対面援助スキルがめちゃめちぇ身に着けることにもなりうるのでおすすめといえばおすすめですよ。




SPONSORED LINK

【結論】看護師のキャバラク派遣はバレたところでどうってことないよっていう話


医療関係のお仕事は休みがなく大変なので給料が良く、人の命を助けるというとても責任重大な仕事であると思います。

良く聞くのは精神科の医者などは普段仕事で普通の人と話していないので精神が参ってしまい普通の会話ができずおかしくなってしまうと聞きます。

やはりお給料が高いので、私は夜の接客業をしていました(ようするにキャバクラ派遣ですw)

お医者さんは自分のお仕事はみんなすごいと思ってると思うのでみんな仕事何をしているのか聞くと普通の人は言わなかったりが多いのですが、お医者さんは自ら言ってきて自慢してきます。

なのですごいですね、と言いながらも話しているとどこかやはりおかしいです。

そして看護師さんなどは人間関係を作るのがとても大変そうだと思います。

やはりお医者さんや看護師さんは頭が良く普通の人を見下してるようにどうしても感じてしまいます。

おばあちゃんのお見舞いに行った時もどこか見下したような言い方などでちょっと頭にきてしまいました。

私には詳しくはわかりませんが、やはり人口の減少と後継問題、そして人間関係などだと思います。

日本の人口は減りつつあり少子高齢化もあるのでこれからはもっと人手不足になると思います。

今はYouTuberになりたい人なも昔と比べて将来なりたい仕事の傾向など変わってきているのも原因だと思います。

後継問題は親がもしお医者さんだと設楽どうしても自分のやりたい仕事があるのに大学に行かされてやりたくもないのに親の押し付けでやらされたりしていたけど、

今は新しいお仕事がどんどん増えてきているので若者たちはやりたい仕事が沢山あってお医者さんになりたいという方はどんどん少なくなってきているのではないかなと思います。

そしてなにより人間関係です。

どうしてもベテランさんと新人さんの間では年齢の差もあると思いますが昔の人と今の人の考え方は違うのでそれが食い違って傷つきやすい人はすぐ辞めたりしちゃうのでないでしょうか。

どの仕事でもあると思いますが医療現場はとても人間関係がめんどくさいイメージです。

体験者の声
体験者の声

難しい知識や資格がとれないと就けない仕事というイメージがある。慢性的な人手不足でいつも看護職が募集されている。

患者からの厳しい言葉や真夜中でも対応しないといけない仕事というイメージがある。

感染病が発生したときは真っ先に医療現場に駆けつけ家族の面倒をみる暇がないイメージがある。近年は高齢化が進み、医療従事者の需要と供給が追い付いていないのではないか。

又、少子化が進んでいるということだが、産婦人科は少ない気がする。

出産は24時間対応しないといけないので真夜中でも起きて緊急事態に対応しなければならないイメージがある。

また、救急で働いている、医療従事者も寝る暇もなく救急搬送された患者に対応しなければならないイメージがある。

夜と昼の区別がなくなり、体調が不良になるのではないか。

少しのミスで重大な事に繋がるので緊張感を、ずっと保ったまま仕事をするので、精神的疲労もたまる。

資格をとるまでに時間や、資金がかかる。

専門職なのでなれる人が限られている。夜勤は当たり前で小さな子供がいるひとや、家族の介護をしなければならない人は家事、育児の時間がとりずらい。

資格を持っていても、時間の融通や、勤務時間の要望が通りづらいのではないか。高齢化社会になり、医療の需要は増えている。

夜中でも関係なく、働かなければならない。

入院患者や、救急搬送された人にも対応しなければなならない。

夜間勤務ができる人が限られているのではないか。

妊婦や幼児の母等は勤務できる時間が限られており、子供の急な病気等あり、急な休みが必要となるが、急な休みをとるのが難しいのではないか。

また、有給休暇もとるのが難しいのではないか。

難しい専門職で経験や技術が必要な割には、賃金が低いと感じている人が多いのではないか。

時間外勤務ができる人も限られているのではないか。

そういったことで視覚を持っていてもやめてしまう人がいるのではないか。

体験者の声
体験者の声

医療関係という言葉からすぐに思いつくのは、医者と看護師という職業です。

まず、医者のイメージは賢く、少し変わったキャラクターを持っているイメージがありますが、人の命を扱う職業なので、基本的には患者(人々)に心から親切です。

心身ともに酷使して、人の命を救おうとか病気を治そうとしている印象があります。

それだけ人のために働いているので、給与面でも優遇されている感じがあります。

高級車を所有しているイメージです。

次に看護師ですが、仕事をそつなくこなすテキパキとした女性のイメージが強いです。

看護師も人の命を扱う重要な仕事ですので、優しい女性というよりは、ハキハキとしたしっかり者という印象が強いです。

医者と同様に看護師も心身ともの酷使して人のために働いてくれている印象があります。

医者ほどではないですが、給与面でも一般の会社員よりも優遇されている感じがします。

看護師の知人がいますが、しっかり者ではっきりした女性です。

特別な技術を持ち、自信と使命感を持って仕事をしてるキャリアウーマンです。

一般的な会社で事務の仕事をやるよりも責任がついてまわるように思います。

その責任が人の命を預かるというものなので、あまりにも責任重大に聞こえてしまい、医療業界に関わりたいと思う若者が少なくなっていると思います。

医者になるにはお金もかかり、研修も大変そうですし、勉強もしっかりできないといけないので、なかなか当てはまる人がいないイメージです。

看護師は現場に配属になってから、心身ともにつらそうなイメージです。

看護師の知人から聞いたことがありますが、忙しい日は休憩もほとんどなく、そのまま夜勤へ突入してしまう時もあるとの事でした。

こういうような過酷な現場での仕事内容がマイナスイメージに繋がり、看護師になりたい人が減少しているのだと思います。

最近の若い人たちは過酷な環境での仕事を好まない傾向がある中、医療現場の過酷さ、辛さ、多忙さがテレビなどで紹介されるので、医療関係の仕事はネガティブな印象になっていると感じます